安心安全 インプラントナビ 安心安全 インプラントナビ

インプラントは自費診療のため、保険適用の治療よりも費用が高額になってしまいます。患者さんのなかには、高額な治療をためらって安価な入れ歯を選ぶ方もいます。

ここでは、歯科インプラントの治療にかかる費用と保険の適用について詳しく説明します。また、インプラント治療に使える「デンタルローン」についても紹介します。

インプラントの費用はなぜ高いの?保険適用にならない理由

歯科インプラントは口腔外科分野の治療であり、一般的な歯科治療よりも高額になります。

患者さんが生来歯や歯肉に病気を抱えており、インプラントをやむを得ず使用しなければならないときは保険適用となりますが、健康な患者さんが受ける治療は自由診療になります。

インプラント治療にかかる費用の内訳

費用の目安としては、初診の相談費用が無料~数万円、その後の診断料が1万円超~5万円程度となります。料金に差がついているのは、検査が一度で終わらない場合を考慮しています。

手術費用は、歯1本につき10万円から35万円前後となり、インプラントの上にのせる上部構造は歯1本につき5万円から15万円となります。

術後も検診を定期的に受けなければなりませんが、こちらは歯科医院によって数千円から1万円となっています。いずれにしても、簡単に手の届く金額とは言い難いかもしれません。

歯科医院が自由に料金を設定できる

インプラント治療は自由診療であり、保険の適用が認められていません。そのため、歯科医院が自由に価格を設定することができるのです。良心的な価格帯の歯科医院がある一方、1本あたりの料金が非常に高額な病院も少なくありません。

また、インプラント治療は歯肉の中に歯根を埋め込み、上部構造を被せて終わりではありません。インプラント本体、アバットメント、上部構造のそれぞれに使われている素材を選んだり、患者さんによっては歯周病の治療や骨造成などが必要になる場合もあります。

インプラント治療にはデンタルローンが使える

インプラントの費用が一度に払えない場合、デンタルローンという選択肢があります。

デンタルローンは歯科治療に使えるローンのことで、信販会社が患者さんの治療費を立て替えて支払い、その後患者さんが手数料を加えた金額を分割で返済します。一度にまとめて費用が支払えない場合に活用したい方法です。

月々に支払う金額は分割支払回数により異なります。3,000円以上の範囲内で支払い回数を指定できますので、月々の支出を圧迫しない、無理のない回数を指定することになります。

カードローンも使用可能

歯科治療は、デンタルローンのほかにも多目的カードローンが使えます。カードローンは歯科治療に限らずさまざまなシーンで利用できますが、デンタルローンは歯科治療のみに利用目的が集約されているという特徴があります。

デンタルローンの強みは、高額になりがちな歯科治療を分割払いにでき、金利も一般的なローンに比べて安いということです。

インプラントだけでなく、口腔外科治療やその他の検査費用、インプラントの破折や抜けが起きた場合のメンテナンス費用などもまかなうことができ、診療に関わる場合はマウスピースなどもローンの中に組み込んで支払いができます。

歯列矯正やホワイトニング(審美歯科)などにも利用できるので、通常のカードローンよりもお得に歯科治療が受けられるので、一括払いが難しいときに利用したいですね。

デンタルローンは金利が低い

デンタルローンとカードローンは申し込み条件や審査基準などに大きな違いはなく、利用しやすい方を選ぶことができます。しかし、歯科治療だけに限定するならば金利が若干安いデンタルローンの方がお得といえるでしょう。

クレジットカードと比較しても、デンタルローンの金利は低く抑えられています。クレジットカードより多めの支払い回数が設定でき、時間をかけて少しずつ支払いができるので、歯科治療を受ける際にぜひとも活用したいところです。

デンタルローンでまかなえる治療費は10万円から数百万円となります。審査結果によっては実際に使える金額が変わりますので、申し込みの金額通りにならない可能性も考慮しておきましょう。

インプラントの費用は分割で支払う

インプラントにかかる費用は高額になるため、一括で支払えない場合は分割払いにすることができます。

通常は現金一括払いもしくは現金分割払いを利用しますが、現金分割払いが利用できない歯科医院では、デンタルローン(医療ローン)を使って分割払いを行います。

分割払いの回数はローンによって異なる

分割払いにはさまざまなプランがあります。金利や手数料が0であり、3回から8回まで分けて支払えるプランなどが一般的。

6回から60回までの範囲で支払い回数が指定できますが、歯科医院によっては80回以上に分けられる場合もあります。デンタルローンのプランや歯科医院のホームページを確認し、最大支払回数や金利をチェックしてみてください。

インプラント治療にかかる金額も、患者さんごとに異なります。部分的なインプラントであれば少額に収まる可能性がありますが、インプラントに使われる素材が高級なものであったり、口腔外科治療を並行して行う場合は100万円を超えてしまうことも。

デンタルローンでは、100万円未満の治療については3回~6回払いになるケースが多くみられますが、1回の支払いにつき数ヶ月程度ゆとりをもってもらえるため、無理のない範囲で支払いができます。

しかし、プランによっては100回以上の分割払いに対応しているものもあります。この場合月々の支払いに金利が乗るので、支払い回数が増えるほど金利負担が多くなることに注意が必要です。

歯科医院によって採用しているデンタルローンや支払い方法が異なりますので、治療前にプランを比較して検討すると良いでしょう。

審査なしのデンタルローンはある?

デンタルローン利用する際に、審査と呼ばれるチェックを受けなければなりません。しかし最近ではこの審査が簡略化され、申し込みから契約まで短時間に完結するプランも利用できるようになりました。

デンタルローンは歯科治療に特化している

カードローンは利用しやすい反面、100万円以上の高額な買い物になると収入を証明する書類が必要になるなど、審査が厳しく行われるという特徴があります。その点、デンタルローンは歯科治療のみに利用目的が限定されているため、治療費が高額になっても借り入れしやすいとされています。

審査方法が簡単なデンタルローンもあり、こちらも高額な歯科治療の心強い味方になってくれます。Web上で患者さんご自身が申し込みを行い、会社が審査を行ってすぐに結果を返します。

患者さんはWeb上ですぐに結果を確認できるので、長く待たされる心配がありません。数分程度~半日で結果を返してもらえるので、利用可能なデンタルローンを探すために何日もかけずに済みます。

デンタルローンの申し込み条件に注意

ただし、デンタルローンには未成年者ではないこと、安定収入があることなどが条件となっているものがありますので、前提条件をよく確認のうえ、申し込みを行いましょう。

デンタルローン、カードローンに、どちらも歯科医院に支払う治療費をローン会社が立て替え、その後患者さんは無理のないペースで返済を行います。

一度に支払う金額が少ないため負担にならず、高額な治療費を追って支払えるので、インプラントを一度にたくさん入れなければならないケースでも安心ですね。

インプラント治療の多くは高額になるため、10万円を超えた支払い金額については「医療費控除」が利用できます。デンタルローンで返済をゆるやかに行いつつ医療費控除も利用して、お得に治療を受けましょう。

インプラントナビおすすめクリニックの選び方
  • コミュニケーションがしっかりとれる歯科医を選ぼう
  • アフターケア・アフターサポートが徹底している
  • 通院回数が必然的に多くなるので通いやすいエリアで探す