安心安全 インプラントナビ 安心安全 インプラントナビ

歯の美しさはホワイトニングで蘇ることも多いです。ホワイトニングといえば歯科医院を思い浮かべる人は多いでしょうが、気になるのは費用相場ですよね。

今回は、歯科医院でのホワイトニングにかかる料金と効果の持続期間を解説するとともに、歯科医院以外でのホワイトニングの選択肢もご紹介します。

歯科医院でする歯のホワイトニングの相場料金

1回15,000~30,000円程度の費用が一般的

歯科医院で行うホワイトニングのことをオフィスホワイトニングといいます。

オフィスホワイトニングの相場料金は、1回あたり約15,000~30,000円の費用が一般的といわれています。

費用を考えるとホワイトニング専門歯科という選択肢も

オフィスホワイトニングは、歯科医院以外にホワイトニング専門歯科を利用することもできます。

ホワイトニング専門歯科は、文字通りホワイトニングに特化した歯科のことです。

ホワイトニング専門歯科では、ホワイトニングの料金が1回あたり8,000~20,000円程度と、歯科医院より安い費用ですむのがメリットです。

安さの理由は、治療がホワイトニングに特化していることが大きいと考えられます。治療をホワイトニングに絞れば、使用する薬剤と一人あたりにかかる薬剤の費用を下げられるからです。ただし、ホワイトニング専門歯科では、歯科医院で通常行っている虫歯や歯周病などの治療は受けられないので注意しましょう。

歯科医院とホワイトニング専門歯科、どちらがいいとも限らない

オフィスホワイトニングは、相場の料金だけを見るとホワイトニング専門歯科のほうが良さそうに感じるかもしれませんが、一概にどちらがいいとも言いきれないのが実情です。

ホワイトニング専門歯科だからといって技術力が高いとも限りませんし、一般の歯科医院でも最近はホワイトニングに力を入れているクリニックは増えているからです。

費用についても、ホワイトニング専門歯科より歯科医院のほうが安い可能性はあります。相場を知った上で、十分吟味することが大切です。

歯科ホワイトニングで得られる効果

1回のホワイトニングでも効果を感じることが多い

個人差はあるものの、オフィスホワイトニングの効果は1回でも感じることが多いといわれています。

とはいえ、永久に白い歯のままでいられるというわけでもないようです。

相場では、効果を実感できる期間は平均3ヵ月から6ヵ月といわれています。費用はかかりますが、白さを保つためには定期的に料金を支払ってメンテナンスすることになりそうです。

歯科医院で歯をホワイトニングするメリット

高濃度の漂白剤で歯のホワイトニングができる

オフィスホワイトニングでは、薬剤に過酸化水素を使うのが一般的です。

過酸化水素とは即効性を持つ高濃度の漂白剤です。ホワイトニングでは歯に塗布して特殊な光線を当てることで漂白効果が生まれます。使用する光線はハロゲンライトやLEDなど、歯科医院によって異なります。

過酸化水素自体は、日常で目にする機会がある脱色剤や消毒液として用いるオキシドールにも入っています。ですが、歯科医院においてホワイトニングで使用する過酸化水素は、濃度を30%ほどまで高めて使うのが特徴です。

有資格者によるホワイトニングが受けられる安心感

オフィスホワイトニングができるのは、歯科医や歯科衛生士などの有資格者に限られます。

オキシドールのように過酸化水素の濃度が低い薬剤は誰でも使えますが、歯のホワイトニングに使用する薬剤は過酸化水素の濃度が高く、劇物に指定されているからです。

歯科医院でのホワイトニング費用の相場料金がある程度高くなるのは、歯科医師免許がないと取り扱うことができない薬剤を使うことも影響していると考えられます。

歯科医院で歯のホワイトニングをするときの注意点

ホワイトニングの前に歯の状態をしっかり見てもらう

ホワイトニングを行う際は、事前にシェードガードと呼ばれる色見本を使って今の歯の色を測定し、仕上がりの色を自分の希望や合う色を相談して決めます。歯は人それぞれ色や質が異なるからです。

ホワイトニングを受ける前は料金の相談だけでなく、歯科医にしっかりと口の中の状態を見てもらうことが大切です。

より歯を白くするには、薬剤の濃度を高めて光線の力を強くすることになりますが、濃度が高く光の力が強くなるほど歯への負担は大きくなるからです。

歯の状態によっては、ホワイトニングをすることで薬剤が歯肉にしみこみ、知覚過敏や痛みを引き起こすこともあるので注意しましょう。ホワイトニングの仕上がりをどのくらいの色味にするか、薬剤の濃度をどうするかなどについては歯科医とよく話し合って決めましょう。

<知覚過敏や痛みを引き起こす恐れのある状態>
  • 虫歯や歯周病がある
  • 歯の先端や表面が削れている
  • 歯にヒビが入っている

歯のホワイトニングができないケースもある

歯の状態によっては、ホワイトニング自体が全くできないケースや、ホワイトニングはできても効果が出るまで時間がかかるケースもあります。

歯ぎしりのクセがある人は、歯ぎしりから歯のエナメル質がはがれることや、歯にひびが入ることがあり、知覚過敏になる可能性があります。

<ホワイトニングができない可能性がある状態>
  • 妊娠中、授乳中
  • 歯の色が元々黒い人
  • 歯ぎしりをしている人
  • 神経がない歯
  • 義歯、被せもの、詰め物がある人
  • 無カタラーゼ症の人

信頼できる歯科医院でホワイトニングする

歯のホワイトニングで使用する過酸化水素は、歯そのものではなく、歯についた色素に働きかける薬剤なので、歯質そのものに影響することはほとんどありません。

ですが、漂白効果のある薬剤で、ホワイトニング効果を高めようと思えば負担が大きくなる以上、相場料金を抑えた上で、信頼できる歯科医院でホワイトニングするのがベストです。

まずは、カウンセリングのときに不安なことや費用の予算を伝えた上で、しっかり話し合って自分の歯に合ったプランを組み立てましょう。

どの歯科医院がいいか分からないときは、「ホワイトニングコーディネーター」を持つ歯科衛生士が在籍しているかをみるのも方法のひとつです。ホワイトニングコーディネーターは日本歯科審美学会認定する、ホワイトニングの専門資格です。資格を持っている人がいるクリニックであれば、基本的なホワイトニングの知識は持っていると捉えることもできるでしょう。

歯科ホワイトニングとの併用|デュアルホワイトニング

効果を長持ちさせたいなら自宅でもホワイトニングを

デュアルホワイトニングは、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅でのホワイトニングとを合わせて行う方法です。

オフィスホワイトニングのみの場合はある程度時間が経つと効果が薄れ、定期的なホワイトニングが必要になるのが相場です。対するデュアルホワイトニングは、自宅でもホワイトニングを行うので、効果が1年ほど持続し、メンテナンス次第ではもっと長く保てる可能性もあるといわれています。

料金面から考えても費用対効果が高いデュアルホワイトニングは、継続してホワイトニングをしたい人にとっては選択肢のひとつとなるでしょう。

デュアルホワイトニングの相場料金

歯科医院と自宅とで合わせて行うデュアルホワイトニングの費用は、上下12本で約5万~10万円といわれています。

相場料金は歯科医院でのオフィスホワイトニングに比べ高くなりますが、しっかり効果を得たいと思う場合はおすすめです。

費用面では安価で、手軽に使いやすいのはメリットですが、トラブルのリスクも念頭に使用しましょう。

歯科医院での歯のホワイトニング費用相場は20,000円前後

安心してホワイトニングをするなら歯科医院での施術がおすすめ

歯科医院でのホワイトニング費用相場は、一般的な歯科医院であれば15,000~30,000円といわれ、20,000円前後が相場と考えられます。ただしホワイトニング専門歯科を利用すればもう少し安い料金で施術ができる可能性もあるでしょう。

ホワイトニングは、歯科医院以外にも自宅やサロンという選択肢がありますが、効果を期待するなら高濃度の薬剤を使用できる歯科医院での施術がおすすめです。

歯のホワイトニングはトラブルが起こるリスクもあるので、医学的専門知識を持った歯科医師や歯科衛生士が施術してくれることは安心感にもつながるでしょう。

ホワイトニングは通常の歯科治療とは異なる分野でもあるので、信頼できる医師に依頼するのがベストです。まずはかかりつけの歯科医院やホワイトニング専門歯科に相談してみるといいでしょう。

インプラントナビおすすめクリニックの選び方
  • コミュニケーションがしっかりとれる歯科医を選ぼう
  • アフターケア・アフターサポートが徹底している
  • 通院回数が必然的に多くなるので通いやすいエリアで探す