安心安全 インプラントナビ 安心安全 インプラントナビ

手術を伴うインプラント治療。どの程度痛いのか、痛みの度合いが気になる人も多いのではないでしょうか。
今回は、手術から抜糸までインプラント治療で生じる痛みの度合いや痛いと感じやすいケースなどについてご紹介します。

インプラント手術中の痛み

痛いと感じるほどの痛みはほとんどないのが一般的

インプラント治療を進める中で、男性女性ともに不安を感じやすいのが手術中の痛みです。
歯茎を切開し、アゴの骨に穴を開けて歯科インプラントを埋入するという手術内容は、想像するとすさまじい痛みを伴いそうなイメージを持ちがちです。
ですが、実際痛いかどうかというと、男性女性どちらも「麻酔によってほとんど痛覚を感じなかった」と回答する人が非常に多く、手術中に痛みの心配は少ないと言われるのが一般的です。

奥歯の治療では痛みを感じるケースも

痛みの心配が少ないとされるインプラントの手術ですが、治療をする場所が奥歯の場合は、若干痛みを感じることもあるようです。
奥歯に痛みを感じやすいと言われるのは、奥歯が麻酔の効きにくい部位であるからです。
とはいえ、基本的に治療する部位により麻酔の調整が可能です。手術を行う歯科医師もなるべく痛みがないようケアしてくれます。「痛みを我慢しながら手術を受けないといけない」という心配は不要でしょう。

なるべく切らない、痛みの少ない手術法を導入する歯科医院も

歯科医院によっては、なるべく切らずに手術をする、無切開無痛手術(フラップレスサージェリー)を導入していることもあります。
無切開無痛手術は、手術時の痛みというより、歯茎を切開するという行為に恐怖を感じる人に適した方法です。
メスを使って歯肉を切開せずインプラントを埋め込む方法なので、手術時間が短く術後の痛みや負担も軽減できるのが特徴です。手術自体に不安がある人は手術方法も選択肢のひとつに入れてみてもいいかもしれません。
ただし、導入している歯科医院はまだ少数で、すべての症例に対応できるわけではありません。希望する場合は、事前に歯科医院に相談されることをおすすめします。

どちらが痛い?他の歯科治療との痛みの比較

年齢や男性女性問わず、インプラント治療以外に歯医者で治療を受ける機会は人生の中で何度もあるはず。一般的に痛いというイメージがある歯科治療には、虫歯治療や親知らずの治療、治療に伴う抜歯などがあります。
それぞれをインプラント治療との痛みを比較すると、一般的にインプラント治療は虫歯や親知らずの治療より痛みが少なく、抜歯と同程度の痛みといわれることが多いようです。
ただし抜歯はこらえきれないほどの痛みを感じる場合に行うのに対し、インプラントは基本的に痛みがない状態から治療をスタートします。抜歯の場合、歯の生え方によって治療に時間がかかることもあります。計画通りに治療が進めば、インプラントのほうが他の歯科治療より痛みを感じる心配は少ないと考えられます。

麻酔の痛みはチクッと感じる程度が多い

インプラント手術の中で痛みを感じるとしたら、麻酔の注射をする場面が考えられます。
痛みといっても注射なので、少しチクッとする程度で激しい痛みを感じることは少ないでしょう。注射に慣れている人であれば気にならないかもしれません。
一般的には表面麻酔を歯茎に塗ってから注射をするので、麻酔注射自体の痛みも和らぐといわれています。

手術中に麻酔が切れた場合も痛みの心配はほぼ不要

基本的には手術内容と手術時間とを考慮して麻酔の量が調整されますが、手術中に麻酔が切れる可能性もないわけではありません。
もし麻酔が切れた場合は追加でカバーされるので、痛みを感じる可能性は少ないでしょう。

痛みへの不安、治療内容次第で静脈内鎮静法を使用することも

インプラント手術の麻酔は局所麻酔が一般的ですが、痛みに対して不安が大きい人や治療本数が多く手術時間が長い人には、静脈内鎮静法を用いることがあります。
静脈内鎮静法は点滴を使って鎮静剤を体内に導入し、半分寝ているような状態をつくりだして痛みを緩和させる方法です。
全身麻酔に近い感覚を得つつ、不安を和らげ身体的負担も軽減できるのが特徴です。
静脈内鎮静法は全ての歯科医院で導入しているわけではなく、特殊な治療が必要な場合は通常の麻酔も合わせて必要になることがあります。
ですが、麻酔の効き方には個人差があり、手術時間も治療内容や治療部位によって差があります。痛いのが不安と感じる場合は一度歯科医に相談してみましょう。

インプラントの手術後に感じる痛みの度合い

痛み止め服用で抑えられる程度の痛さが一般的

インプラントの手術後は麻酔が切れ、痛いと感じることがあります。
痛みの感じ方には個人差があるため、強い痛みを感じる人もいますが、通常は抜歯をしたときのようなチクチクとした軽い痛み、違和感を感じる程度ですむことが多いようです。
痛みの度合いも、歯科医院から処方される痛み止めで抑えられる程度の場合がほとんどです。
日時的にも早ければ1~2日、遅くても4~5日程度で、時間の経過とともに収まるのが一般的です。
一時的な痛みですむことがほとんどのようなので、痛みが不安な人は早めに痛み止めを服用し、麻酔が切れたタイミングで効果が得られるようにしておくと不安も和らぐかもしれません。

痛み止めや処方された薬は指示に従って服用を

痛み止めについては、痛いと感じなくなれば服用を中止してもいい場合がほとんどですが、手術後に可能や炎症を抑える薬が処方された場合は、痛みがなくても最後まで飲み切るようにしましょう。
インプラントが骨と結合しないなどのトラブルが起こりやすくなるからです。
処方された薬については、医師の指示に従って正しく服用しましょう。

治療内容によっては強い痛みが出ることもある

インプラント手術後の痛みは、治療内容によっては強い痛みが出る場合もあります。

治療する歯が多い場合

インプラント治療をする歯の本数が多い場合や、治療範囲が広い場合は、手術後通常より強い痛みが出やすい傾向にあります。
歯茎を切開する部分が多いことが影響していると考えられます。

特殊な治療を行った場合

インプラント治療にはある程度骨の厚みや量などが必要です。骨が薄い場合や、骨量が不足している場合は手術の前に骨造成と呼ばれるサイナスリフトやソケットリフト、GBR法など、骨の厚みを増やす特殊な治療を行うのが一般的です。
骨造成には、人工の骨を使う場合もあれば自分の体のほかの部分から骨や歯茎を取ってきて移植することもあります。
体のほかの部分から骨や歯茎を取ってくる場合は、採取するとき、採取したものを移植するときに痛みが発生することがあります。
人工の骨を使う場合も、移植のために切開部分が大きくなりやすいため、手術後痛みが増す傾向にあります。
痛いのは数日で収まることが多いようですが、手術後4~5日間程度ズキズキとした痛みや腫れを感じる可能性があります。
痛み止めで抑えられる程度の痛みがほとんどですが、強い痛みを感じる場合は再度麻酔をしてもらうことも相談してみましょう。

インプラント手術後の過ごし方も痛みの出方に影響

インプラント手術を終えたあとは、過ごし方次第で痛みが増すことがあります。炎症や痛みを引き起こさないようにするためにも、傷口が落ち着くまでは痛みが増すような行動は避けましょう。

インプラント手術当日からしばらく安静を心掛けよう

手術当日からしばらくは、なるべく安静を心がけましょう。血行がよくなるとズキズキとした痛みを感じやすくなるからです。入浴はシャワー程度に、運動もしばらくは控えめにしましょう。
腫れや痛みを避けるため、手術したところは触らないことも大切です。

<避けたほうがいい行動>
  • 飲酒
  • 喫煙
  • 激しい運動
  • 熱いお風呂に入る
  • 刺激物を食べる

飲酒や喫煙は患部を刺激しやすく、喫煙はインプラント治療自体の失敗も招くリスクがあります。できれば禁酒・禁煙に努めるほうがベターです。

インプラント手術後1か月程度は食事も柔らかいものを

手術後しばらくの間は、なるべく柔らかいものを食べて歯にかかる負担を減らしましょう。
おかゆ、豆腐、ヨーグルト、プリンなど、噛まずに食べられるものがおすすめです。
食べるときも、インプラントがスムーズに骨と結合するよう、手術した歯を使わないよう意識するほうがいいでしょう。

鼻をかむときも痛みを避け、優しく

手術後、傷口が落ち着くまでは鼻をかむときもできるだけ優しくかむよう、注意が必要しましょう。
鼻と口は近い場所にあるので、鼻をかむと骨を通して口に振動が伝わります。強く鼻をかめばかむほど、衝撃が手術をした部分に悪影響を与えるリスクがあります。

インプラント手術直後の痛みは冷やすことで緩和する場合も

インプラントの手術後に痛みを感じたときは、冷やすことで軽減する場合があります。
ただし冷やしすぎると循環障害が起こり、かえって傷の治りが遅くなるので、水で絞ったタオルで冷やす程度がベターです。氷や氷水などの使用は避けましょう。
一方、手術後1日以上経ってから痛いと感じた場合は、温めたほうが痛みを緩和しやすいといわれています。

インプラント治療における抜糸時の痛みの度合い

チクチク痛いと感じる場合もある

インプラント手術は歯茎を切開して縫合するので、状態が落ち着いてから抜糸作業が必要になります。
抜糸をするタイミングは1週間~10日程度が一般的です。
抜糸の際は、チクチクとした痛みを感じることがあります。痛いのが辛い、不安と感じる場合は、表面麻酔によって痛みを軽減・緩和することも可能です。

抜糸後も痛いと感じる場合は歯科医に相談を

通常、抜糸後は痛みが落ち着くものですが、強く痛いと感じる場合や、痛みが治まらない場合は早めにかかりつけの歯医者に相談しましょう。
抜歯後も痛みが続く場合は、手術部位が細菌感染していたり、埋入したインプラントが原因で炎症や神経を傷つけた可能性もあるからです。
問題ない場合でも、痛み止めや再度麻酔をかけるなどの対処をしてもらえるはずなので、まずは受診するほうがいいでしょう。

インプラント治療後に痛みが発生する可能性

インプラントの形やサイズが合わないと人工の歯装着後に痛みを感じることも

インプラント治療は2回に分けて手術をするのが一般的です。
1回目の手術はインプラントを埋め込み、2回目の手術で埋め込んだインプラントの上部に人工の歯を取付ます。
まれに、2回目の手術を終え人工の歯を装着したあとに痛みが生じるケースもあります。原因は装着する歯の形やサイズに問題があることが多いです。場合によっては、装着する歯の大きさや形を変更しなければならないこともあります。

痛みが増す場合や膿が出てきたときは早めに相談を

埋入したインプラントのサイズが合っておらず噛み合わせも悪い状態だと、インプラント治療が終わってから痛みが増す場合や、鼻づまりや膿などの症状がでることがあります。
ズキズキとした痛みや鼻づまりなどの症状が出てきた場合は、早めに歯科医へ相談しましょう。

数日~数年後に痛みが出てくる場合も遠慮せず受診しよう

インプラント治療後の痛みは、人によっては治療を終えて数日後、あるいは数年後に出てくる場合もあります。
痛みを感じた時期に関わらず、痛いと思ったら歯科医へ相談することが大切です。
治療が終わってから痛みが出る場合は、インプラント周囲炎が原因になっていることが多いです。インプラント周囲炎は歯周病に似た症状で、歯茎が炎症を起こし、周囲の組織を破壊する病気です。セルフケアや口内管理が不十分だと起こりやすいといわれています。
初期段階は自覚症状がほとんどなく、痛いと感じたときには重症化していることも多い厄介な病気です。
症状の進行具合によっては、一旦インプラントを撤去し、再手術やアゴの骨を増やす治療が必要です。
数年経ってからでも、痛いと感じる場合は遠慮せず歯科医院を受診しましょう。

インプラント治療の痛みは少なめ。痛いと感じる不安も軽減可能

痛いかどうかは感じ方には個人差あり。痛みがつらいときは歯科医に相談を

インプラント治療はほかの歯科治療と比較しても、痛みの心配が比較的少ない治療方法のようです。
手術は伴いますが、痛みを緩和する麻酔や痛み止めなどの対処策も多い傾向にあります。痛いのが苦手な人も、不安を軽減しながらの治療が可能になるでしょう。
とはいえ、実際に痛いと感じる度合いは人それぞれ異なり、治療内容によって痛みの度合いや期間も個人差が生まれやすいです。
人によっては治療が終わり、時間がたってから痛みを感じることもあります。
大切なことは、痛みについて不安を感じた場合は、一人で悩まず歯科医へ相談することです。処方された痛み止めが効かない、痛みが長引くなどの症状がある場合も早めに歯科医院を受診しましょう。
遠慮せず相談をすることで、薬の処方の工夫など、歯科医から必要な処置を考えてもらえるはずです。

インプラントナビおすすめクリニックの選び方
  • コミュニケーションがしっかりとれる歯科医を選ぼう
  • アフターケア・アフターサポートが徹底している
  • 通院回数が必然的に多くなるので通いやすいエリアで探す