インプラント広場 | 安心安全!信頼できるインプラント歯科クリニック探し インプラント広場 | 安心安全!信頼できるインプラント歯科クリニック探し

虫歯治療の詰め物や被せ物には、原材料として金属や医療用プラスチックが使われています。これらは保険適用となる治療で、安価に行われるため人気があります。

しかし安価な保険治療にはない、耐久性や審美性を兼ね備えた「セラミック」と呼ばれる素材にも注目が集まっています。

ここでは、セラミックを使った歯科治療とホワイトニングの違いについて詳しく紹介します。

セラミック歯はホワイトニング治療にも使われる

セラミックは金属のように体内に溶け出す心配のない安全な素材。変色の心配もほとんどないため、元ある天然歯に溶け込ませることができます。

審美的な意味でもメリットが期待できることから、銀歯との交換などに使われるほか、前歯や八重歯のような目立つ部分にも適用可能。

歯のクリーニングであるホワイトニングとは違い、セラミックは欠けや抜けが発生した歯にしか適用ができませんが、虫歯などでダメージを受けた部分に適用ができるので、ホワイトニングを受けた後のようなきれいな歯が手に入ります。

こちらも読まれています

セラミック歯科治療とホワイトニングの違い

セラミック治療は歯の補修に利用される

セラミックは陶材を原材料とした人工の補修物です。歯の被せ物や詰め物に使われており、近年ではコンピュータを使って患者さんの歯に合った正確な人工歯を製作できるようになりました。

セラミックはインプラント用の歯にも使用されていますが、銀歯の代わりに被せ物として使用されるほか、ブリーチングやホワイトニングの代替治療としても多く利用されています。

セラミック素材は生体への親和性が高いので、金属アレルギーの心配がありません。また、陶材は汚れが付着しにくいため、過去の治療物をセラミックに置き換えることで虫歯や歯周病を防げるというメリットもあり、歯と口の中全体を健康に維持したい場合にも向いています。

セラミック素材は透明感があり、自然な歯の色を再現してくれます。ホワイトニングのように真っ白な歯にすることもできますが、周辺の天然歯と遜色なく溶け込ませることもできるため、歯を真っ白にしたくない、できるだけ自然な白さがほしいといった患者さんにおすすめです。

医療用プラスチックである「レジン」は着色汚れや黄ばみの心配がありますが、セラミックは汚れにくい素材のため、メンテナンスは最小限で済みます。耐久性も高く、補修した歯を長期にわたって使い続けたい方におすすめの素材です。

ホワイトニングは歯の汚れを取り除いて白く仕上げる治療ですが、セラミック治療は基本的に歯の元の状態を取り戻すために行われます。

銀歯との入れ替えや、古くなった補修物との交換など審美治療にも用いられますが、歯を直して元通りに使えるようにする治療に多く用いられています。

ホワイトニングは審美性の高い治療法

ホワイトニングは名前のとおり「歯を白くする」治療です。歯の黄ばみや黒ずみなど、虫歯が原因ではない歯の汚れを取り除いて、歯の表面を磨き白く仕上げていきます。

ホワイトニングはいわば歯のクリーニングのような方法でもあり、手順としてはまず歯の表面の汚れをブラッシングなどで落としてから診察し、その後歯の着色部分にホワイトニング剤を塗って専用のライトを照射し、歯の色を漂白していきます。

ホワイトニングの方法には、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅でマウスピースを使って行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。どちらも歯にホワイトニング剤を塗って施術を行いますが、オフィスホワイトニングのほうが短時間で効果が現れます。

ホワイトニング治療は審美性を高めるために行われるもので、虫歯治療などとは根本的に目的が異なります。セラミック治療は虫歯治療後の歯の補修や既存の補修物との置き換え・交換に用いられますが、ホワイトニングは虫歯などのトラブルをすべて治療してから行います。

また、ホワイトニング治療では歯がまだら模様に変色しているケースや、歯の表面の凹凸が激しい場合には適しておらず、歯の機能を取り戻したうえで行われるのが理想的です。

あくまでも健康できれいな歯に適用される審美治療なので、医師に確認のうえ、ホワイトニングが受けられるかどうかチェックしてもらう必要があるでしょう。

こちらも読まれています

セラミック歯科治療とホワイトニングは目的が異なる

機能回復と審美治療

セラミック治療は歯をセラミック素材で補修し、歯の機能を回復させます。セラミック素材というと審美性が取り上げられがちですが、本来は歯の機能を取り戻す治療でもあり、虫歯や歯周病の予防も兼ねることができます。

対してホワイトニングは、歯を削らずに白くする審美治療です。歯を美しく魅せることに力点が置かれており、笑顔を魅力的なものにしたい、ヤニなどで汚くなってしまった歯を元に戻すといった意味合いがあります。

セラミック歯科治療とホワイトニングは「審美治療」という点では共通していますが、セラミック治療には歯の機能回復という大きな役割があり、審美性はそれに付随して得られるメリットです。

セラミック歯科治療とホワイトニングを組み合わせる場合

セラミックの詰め物や被せ物、差し歯などを装着している患者さんが人工的に入れた歯をホワイトニングしたいと希望しているケースでは、天然の歯のみにホワイトニング治療を行うことになります。

セラミックやプラスチックは人工的な材質でできているため、ホワイトニングの効果が十分に得られません。被せ物や詰め物は基本的にそのままの色が保持されますが、後から変色したり、破損や破折を起こした際には新しいものに取り替えなければなりません。

人工の歯や補修物へのホワイトニングについては、天然の歯をホワイトニングした後に補修物を歯の色に合わせて付け替える方法がありますが、差し歯を付け替えてから周囲の歯を新しい差し歯の色に合わせてホワイトニングするといった方法が用いられます。

人工の歯や補修物の審美治療には多少の時間がかかりますが、歯の全体を自然できれいな白色に仕上げることが可能となっています。

こちらも読まれています

セラミック歯科治療とホワイトニングで迷ったときは

歯の状態をチェックしてから治療方針を決める

歯の色や形は患者さんによって千差万別。まずは歯の全体をチェックして、ホワイトニングが可能な状態かどうかを把握していきます。

その後患者さんと話し合いながら歯の色や形を決めていくことになりますが、はじめからホワイトニング一択にしてしまうと、補修物を装着した歯だけが白色にならずに周辺の歯から浮くおそれがあります。

美しくなるためのホワイトニング治療を受けることで、かえって直した歯が目立ってしまう場合もあるのです。審美性を重視したいときは、まず口の中全体を見渡してから治療計画を決めていかなければなりません。

歯科医院では、患者さんの口腔内の状態に応じてセラミック治療とホワイトニング治療を決定していきます。費用や治療にかかる期間の問題などもクリアしていかなければならないため、医師とよく話し合ったうえで、必要な治療を行うことが大切です。

「真っ白な歯」をリクエストしても、天然の歯とあまりにも色が違うと、色のバランスが合わずかえって不自然な印象になることも。天然の歯を重視してナチュラルに仕上げるか、歯の全体を真っ白にしていくかは、医師と相談のうえで決めていくと良いでしょう。

ホワイトニング以上の効果が現れる場合も

セラミックの歯は、短期間で自然な白色もしくは真っ白な歯を手に入れることができます。良質な素材を使うことで、元の歯と同様の白さが手に入るのも魅力的です。

ホワイトニングは歯の色が変色したタイミングで行うものなので、一定期間が経過すればもう一度同じ治療を受けることになります。しかしセラミック歯科治療を行った歯については、変色の心配がなく汚れが付きにくいといったメリットが期待できるので、歯に強い力を加えなければ破折などのトラブルの心配がなく、長期的に使用することが可能に。

健康な歯が多ければホワイトニングを勧められますが、被せ物や詰め物を入れるタイミングでは、セラミックを素材の一つとして検討したいところです。ホワイトニング以上の自然で美しい効果が手に入ることもありますので、医師と相談のうえ、納得のいく治療方法を立ててみてはいかがでしょうか。

人気おすすめクリニック