安心安全 インプラントナビ 安心安全 インプラントナビ

詰め物や被せ物の歯科治療には、合金やレジンなどの素材が使われていますが、審美性や強度の部分でさらに優れている「セラミック素材」が新たに注目されています。

特に、人の目に付く前歯や八重歯などの歯については、金属を使うと目立つリスクがあり、金属アレルギーの問題もあります。また、歯にふさわしい自然な色ツヤを求める患者さんも少なくありません。

ここでは、近年歯科治療に多く使われているセラミック素材について、メリットとデメリットを詳しく紹介していきます。

セラミック治療のメリット

目立たない

セラミックは陶器の元となる陶材を使用しており、歯に近い自然な色合いが期待できるため、目立ちにくいのが最大の魅力。

近年ではセラミックの塊をコンピュータで設計・製作する「cadcam」と呼ばれる技術で、患者さんの歯を製作する方法が一般化してきています。最新のコンピュータ技術により、人間の手では難しい緻密な設計も可能に。スピーディかつ正確な設計と製作で、患者さんの歯に合った部品を造ることが可能となりました。

従来のように、手作業で歯の部品を製作する際のミスや微調整のリスクが減り、さらに天然の歯に近い色合いが期待できることから、前歯に装着してもほとんど目立たないというメリットがあります。

見た目が美しい

セラミックは陶器と同じ陶材から造られるものなので、自然なツヤと色が出ます。不純物のない自然なグラデーションの歯が装着できることから、見た目にも美しく、審美的な面でも非常に魅力的といえるでしょう。

劣化しにくい

セラミックは強い力をかけなければ破損のリスクを抑えることができ、比較的長期にわたって使い続けることができます。陶材そのものの劣化も起きにくく、永続的に美しい歯が手に入ります。

体への影響が少ない

セラミックは銀歯のようなに金属による人体への影響がありません。金属アレルギーの方でも安心して使えるうえ、歯茎への影響もなく、非常に安全性の高い素材といえます。

変色しにくい

セラミックは変色や黄ばみの心配がなく、長期にわたって変色が抑えられるというメリットがあります。医療用プラスチックであるレジンと違って、年数の経過による変色がないため、歯の一部分に色がついて劣化するといった心配がありません。

表面に汚れが付きにくい

銀歯などは表面に傷が付きやすく、その部分に汚れが溜まるデメリットがありますが、セラミックは硬さがあり傷が付きにくくなっています。そのため、汚れが蓄積しないきれいな状態を維持できます。

前歯などは着色汚れが目立ってしまいますが、セラミックに替えることで見た目にも違和感のない健康的な歯として長く使うことが可能に。さらに歯垢や歯石の付着も防いでくれるので、虫歯も防いでくれます。

強度が強いセラミックも選択できる

セラミックの中でも、内側部分にジルコニアと呼ばれる素材を使っている「オールセラミック」は、強度面において非常に優れた素材です。

見た目の美しさはもちろん、数あるセラミック素材の中でももっとも理想的な強度と審美性を持っているので、長期的な歯の使用にも向いています。奥歯など、選択できる素材が限られてしまう部分にも、このオールセラミックが適しています。

親和性が高い

セラミックは非常に生体に親和性が高い素材です。金属のように口腔内に溶け出す心配がなく、歯茎にも影響を及ぼさないため安心して使えるのがメリットといえるでしょう。

小さなお子さんから高齢の方まで、誰もが使えることも特徴の一つとなっています。

色・形を変更できる

セラミックは、患者さんの歯の形や状態に合わせて色・形を自在に調節できます。自然な色合いの歯から、適度なグラデーションを入れたもの、または真っ白な歯など、自由に選べるのが特徴。

また、歯の形についても適度に丸みを持たせる場合と、周囲の歯に合わせたシャープな形状を選べるので、医師と話し合って好みのデザインを選ぶことができます。

セラミック治療のデメリット

歯をしっかり削らなければならない

セラミックは陶材を歯科治療に応用した素材です。歯の上から被せるクラウンをこのセラミックから造る場合、強度を十分に確保するために、歯をしっかりと削らなければならないというデメリットがあります。

外れにくいクラウンを造るためには、一定以上歯を削って、その上に厚みを持たせたクラウンを被せなければなりません。しかし歯を削りすぎると、細かいヒビが歯に入るなどして虫歯になりやすく、歯の組織を削りすぎると強度にも問題が出てしまいます。

割れやすい

陶材であるセラミックは、金属に比べて割れやすい素材です。たわみがない材質であるために衝撃に弱く、一度欠けた部分は作り直しになってしまいます。

ただし、セラミックそのものが歯に適していないわけではありません。奥歯など強い力がかかる部分については、強度の高いセラミック素材を選ぶことで、長期的な使用が可能になります。

反対に、安価なセラミック素材を使うとせっかく修復した歯が欠けてしまう可能性があります。

保険が適用されない

セラミック素材は基本的に保険が適用されないため、費用面で銀歯やレジンなどの安価な治療に劣ります。ただし一部の歯については保険適用となるため、医師に相談のうえ、取り替え可能な歯は銀歯からセラミックに交換することもできます。

噛み合わせの問題を考慮しなければならない

セラミック治療の前に、別途「噛み合わせ」の調節が必要になることも。セラミックに替えた歯が本来の機能である咀嚼に適していなければ治療の意味がなくなってしまうので、セラミック素材が患者さんの歯に適しているか必ずチェックしなければなりません。

患者さんの口腔内の状態にもよりますが、1本の歯をセラミック製に替えるために、その歯と相対する歯の噛みあわせを診て、必要に応じて噛み合わせの治療を優先させたり、セラミック以外の素材を使ったりすることもあります。

メリットとデメリットを考えて治療計画を立てる

セラミックは非常にメリットの多い素材ですが、詰め物や被せ物にはいつか必ず寿命が訪れます。歯の場所や状態によってセラミックの効果は変わりますし、大切に歯を使えば長持ちします。

虫歯治療の後などにどの詰め物をするか聞かれたときは、セラミックがどの程度の効果を与えてくれるのか、医師と話し合うことが大切です。セラミックの被せ物や詰め物は、銀歯からの交換はもちろん、歯並び治療や、噛み合わせの改善などにも用いられますし、ホワイトニング目的にも使用が可能。

患者さんの目的や将来的な歯の使い方に合わせた治療ができますので、医師に悩みを相談しながら、セラミックの適用を決めていきましょう。セラミックを入れるうえで大切なことは、どの歯に適用が可能なのか、他の素材との併用はできないかなど、詳しく治療計画を組み立てていくことです。

セラミックに限らず、他の素材で部品を代用できる場合もありますし、他の素材のほうが歯に適しているケースもありますので、よく話し合って治療方針を定めていくと良いでしょう。

セラミックのメリットとデメリットを比較する

セラミック治療は、cadcamなどの最新技術にオールセラミックのような素材を組み合わせることで、患者さんの歯の審美性と堅牢性を高めてくれます。

しかし費用面や耐久性など、デメリットも少なからず考慮に入れておきたいところ。歯の欠損部分を親和性の高いセラミック素材で補い、それ以外の部分については安価な治療を行うなど、保険適用となる治療を併用して行える場合は、そちらを検討しても良いかもしれません。

セラミックには銀歯やレジンにはないメリットがありますが、欠点がまったくないというわけではありませんので、メリットとデメリットの両方を理解し、納得したうえで治療を検討するようにしてください。

インプラントナビおすすめクリニックの選び方
  • コミュニケーションがしっかりとれる歯科医を選ぼう
  • アフターケア・アフターサポートが徹底している
  • 通院回数が必然的に多くなるので通いやすいエリアで探す