インプラント広場 | 安心安全!信頼できるインプラント歯科クリニック探し インプラント広場 | 安心安全!信頼できるインプラント歯科クリニック探し

セラミックを使った歯科治療は、虫歯の治療後に被せる被せ物(クラウン)と詰め物(インレー)が代表的です。

セラミックは金属よりも安全で、レジン(医療用プラスチック)よりも耐久性にすぐれた素材であることから、患者さんだけでなく多くの医療関係者も、セラミックを使った治療に注目しています。

しかしこのセラミック治療も完璧というわけではなく、必要のない治療を受けて大切な歯を削ったり、患者さんによっては治療を受けなければよかったと後悔することも。

ここでは、セラミックを使う治療を受けて後悔する原因と、後悔しないための方法について紹介します。

セラミック歯科治療で後悔する可能性は?

セラミックが使われる治療について

セラミック治療は、陶材を医療用として被せ物や詰め物に利用する方法です。陶材そのものは人体との親和性も高く、金属やレジンなどと同じく安全な素材として使われています。

セラミックは歯と歯の間のすき間を埋めたり、歯並びを整える簡易的な矯正治療にも多く利用されています。歯が抜けた箇所の両隣の歯を削り、抜けている部分に新しい歯をはめ込む「ブリッジ治療」にも用いられています。

このようにセラミックは非常に多用途な使い方ができる素材ですが、基本的には歯の埋め合わせに使われるもので、素材そのものに危険性はありません。

審美歯科では医師と細かく相談を

セラミックを使った治療には、審美性を高めるための治療もあります。すでに歯に入っている銀歯やレジンとの置き換えや、歯の形を整えるセラミック矯正などが挙げられます。

銀歯・レジンとの置き換えは元の治療部位に新しいセラミックを装着する単純な治療ですが、セラミック矯正の場合は治療後に歯の色のバランスが合わないというトラブルが少なくありません。

事前に天然歯の色を確認し、色合わせを行っていないと、セラミックの歯が白く際立って不自然な見た目になってしまう可能性があります。

審美歯科では治療前に医師とよく話し合ってカウンセリングを受けなければなりません。曖昧なまま「こうしてほしい」と要望を伝えるのではなく、歯の位置やバランス、セラミックを装着したときのシミュレーションも踏まえてしっかりと希望を伝え、医師と共有しておきましょう。

白い歯は不必要?

白く輝く歯に憧れる方は少なくありませんが、歯の色が多少曇っていてもそれは個性であり、必ず白い歯にしなければならないというわけではありません。

審美歯科のなかには白い歯をうたい、誰でも簡単に白く輝く歯が手に入ると宣伝しているところがありますが、先に述べたように白いセラミックの歯が浮いてしまったり、健康な歯を失ったりするリスクがあります。

健康な歯はそれ自体が貴重なもので、二度と生えてこない体の一部であることから、簡単に削るべきではないとされています。審美性を高めるために健康な歯を抜いてしまう治療もありますが、天然歯は二度と戻ることはありませんので、元の歯を損なうことのないように注意が必要です。

こちらも読まれています

セラミック歯科治療の落とし穴で後悔することも

セラミック矯正は歯並びを手軽に変更できる矯正治療で、歯列矯正よりも短期間で治療が完了します。方法はとてもシンプルで、セラミックの被せ物をつけて歯並びを整えます。

健康な歯が失われるリスク

セラミック矯正は被せ物が入るまでにさまざまなリスクがあります。まず、健康な歯を削って形を整え、神経を取って仮歯を入れ、そこに土台とセラミックを被せていきます。

この治療の最大の問題は、「健康な歯を失う」ということにあります。いかに審美性を重視しているとはいえ、健康な歯を抜くことで噛み合わせのトラブルが報告されるなど、後々に与える影響も少なくありません。

元の歯を白くしたいときには、ホワイトニング治療を受けて歯を漂白することができますし、ホワイトニングを受けた後に銀歯を白いセラミック素材に入れ替えて、歯のすべての色を均一に整えることもできます。医師と相談のうえ、健康な歯に影響のない方法を選択することをおすすめします。

健康な歯はそのまま使ったほうが長持ちする

虫歯や歯周病などのダメージを受けた歯は、治療のために削ったり抜いたりすることがあります。しかし何もトラブルのない健康な歯に手を加えるのは、基本的には避けたほうが良いとされています。

セラミック装着のために歯を削ると、そこから細かい亀裂が生まれ(マイクロクラック)歯が欠けやすくなります。また、一度装着したセラミックの補修物が取れやすくなるリスクも高まります。

神経を抜いた歯の場合、歯に栄養が行き届かなくなり、組織は死んだ状態になります。抜いた歯の周辺も脆くなる可能性があるため、安易な審美治療はNG。健康な歯はできるだけそのままの状態で残存させるようにしましょう。

こちらも読まれています

セラミック歯科治療で後悔しないために

削る量や範囲を確認する

セラミック歯科治療は、ダメージを受けた歯の補完や補修が基本です。審美性を高めるために健康な歯を加工することは、後々の後悔にもつながりかねません。しかしそれでもセラミック治療を検討するという場合には、歯をどの程度削るのか、抜歯や神経の処理の必要性などをよく確認しておきましょう。

セラミック矯正の場合、歯を削ってその上に被せ物を装着しますが、削る量はセラミックの厚さや、歯の量に応じて変わります。大きく削られると、元の歯の健康が損なわれセラミックが欠けやすい状態になってしまうため、希望通りの歯並びにならない可能性もあります。

神経除去の有無を確認する

セラミック治療で「歯を抜かなければならない」と言われたら、多くの場合同時に神経も除去することになります。神経を残したまま人工的につくられた土台が歯髄まで及ぶと激しい痛みを感じ、せっかく治療した歯をもう一度処置しなければならなくなるためです。

ただ、患者さんの負担を減らす方法とはいえ、神経を抜いた歯は死んでしまったのと同じ状態になるため、健康な歯ではなくなってしまいます。新しく装着した差し歯自体も折れやすくなるため、神経はできる限り残しておいたほうが歯の健康にもつながります。

セラミック矯正を受ける前は、歯をどのくらい削るのか、神経を抜く必要があるかどうかについてしっかりと確認をしておくことが大切です。そして、できるだけ歯を削らずに済む方法がないか検討するようにしてください。

セラミック歯は機能性を重視して後悔を少なく

セラミック治療の基本は、虫歯によってダメージを受けてしまった箇所への補修です。健康的な歯よりもセラミックを優先させると、後から予想外の後悔に悩むことも。

歯列矯正も検討する

セラミック矯正は歯列を直したように見せるだけなので、本当に歯並びが気になるときは部分矯正などの方法も併せて、矯正治療を検討してみてください。

安易な審美治療に注意

セラミックは見た目が天然歯に近いことから審美性に注目が集まりがちですが、元の歯と遜色なく使えるようにつくられた補修用の素材ですから、安易に削る治療を受けるのはNG。天然の歯以上に健康な歯はありませんから、元ある自分の歯を長く使い続けるのが一番です。

セラミック歯は歯茎の状態に左右される

年齢を経るごとに歯茎は痩せていき、差し歯がぐらつくなどのトラブルが起きやすくなります。せっかくのセラミックの差し歯が、元の歯や歯茎の衰えによって抜けてしまうのは残念です。

歯茎が痩せてくると差し歯のあいだに隙間ができるため虫歯や歯周病のリスクも上がります。元の歯を抜いて差し歯に替える必要が本当にあるかどうか、医師とよく話し合いのうえで、セラミックを正しく治療に使ってみてはいかがでしょうか。

人気おすすめクリニック