安心安全 インプラントナビ 安心安全 インプラントナビ

インプラント治療は、インプラント体・アバットメント・上部構造の3つのパーツを組み合わせる治療方法です。

人工歯根となるインプラント体と上部構造にはさまざまな素材が使われ、大きさや形なども自分の歯に合ったものを作ることができます。

中でも金属を使ったインプラントは、セラミック(陶器)よりも衝撃に強く成形しやすいという特徴があります。安価に作れる被せ物としても人気があり、費用を抑えるために金属製のパーツを選択することも可能です。

ここでは、インプラント治療で銀歯を選択する際の費用について詳しく紹介します。

銀歯を使ったインプラント治療と費用

インプラントの上部構造を銀歯にして治療費を抑える

インプラントの上部構造を銀歯にする方法とは、あごの骨の中に埋め込んだインプラント体の上に被せる上部構造を金属製にする方法です。「銀歯」と呼ばれている金パラジウム素材を上部構造に使います。

金パラジウムは金属アレルギーの患者さんには適していませんが、アレルギーの心配が少ないゴールドを上部構造に使うことも可能。費用は高めですが、噛み心地や口の中での違和感の少なさなどに定評があります。

奥歯は、口の中でもっとも強い力がかかる場所。そのため、割れやすいセラミックの上部構造ではなく、より衝撃に強い金属を選ぶケースもあります。

金属の上部構造の見た目は、天然の歯の上に金属の被せ物をしたようになります。奥歯に適用すれば、笑ったり口を開けたりしても目立ちにくく、インプラントを埋め込んでいるとは分かりません。

セラミックは見た目が天然の歯に近い反面、割れたり欠けたりといったトラブルのたびに新しいものに取り替えなければなりません。

その点、銀歯のインプラントは安価に作れるので安心です。金属は耐久性が高く、セラミックよりも衝撃に強いので、割れや欠けの心配がなく長持ちします。

保険診療との組み合わせも可能

インプラント治療そのものは保険適用外ですが、保険診療と組み合わせることで治療費を抑えることができます。

一例として、隣り合っている3本の歯がすべて抜けてしまった(抜いてしまった)場合、両端の2本の歯をインプラントにして、真ん中の歯にブリッジの歯を入れるという方法があります。ブリッジ治療は保険が適用になるので、インプラント1本分の費用を抑えることができます。

また、部分的に歯が抜けている(歯のないところが飛び飛びになっている)場合、部分入れ歯とインプラントを組み合わせれば費用を抑えることができます。すべての抜けた歯にインプラントを入れると高額になってしまいますが、保険適用の部分入れ歯を入れることで、治療費が予算内に収められます

こちらも読まれています

セラミックインプラントとは

アレルギーフリーの安全な素材

セラミックインプラントは、インプラント体・アバットメント・上部構造のいずれか、もしくはすべてにセラミックを使う方法です。3つのパーツすべてにセラミックを使うものは「オールセラミック」と呼ばれています。

セラミックの特徴は、金属のようにアレルギーの心配がないこと。また、セラミックで作られた上部構造は天然の歯の色に近く、インプラントを埋め込んでいると気づかれにくいメリットがあります。

完全メタルフリーの治療なので、少しの金属にも反応してしまう患者さんは、セラミックを使ったインプラント治療がおすすめです。

こちらも読まれています

骨と結合するので定着率が高い

すべてのインプラントは、骨に埋め込んでから組織と結合するまで待たなければなりません。

セラミックは、安価に利用できるチタンよりも結合に時間がかかると言われますが、骨としっかりと結合するため定着率が高い素材です。治療の成功率も高いため、金属などの安価な素材に不安がある患者さんに適しています。

定着率の低いインプラントは経年劣化によって割れや折れ、抜けなどのトラブルが起こる可能性があります。その点、骨とインプラントがしっかりと結合していれば、トラブルを最小限に抑えることが可能となります。

こちらも読まれています

インプラント治療における銀歯とセラミックの違い

インプラント治療にはさまざまな素材が使われますが、ここでは銀歯とセラミックそれぞれのメリットとデメリットについて紹介します。

銀歯のメリットとデメリット

銀歯(金パラジウム)をインプラント素材に使うメリットは、他の素材よりも安価に治療ができることです。もっとも高額と言われるジルコニアセラミックと比較しても、金属をインプラントに使うことでトータルの治療費が抑えられます。

天然の歯の治療にも使われるチタンは強度の高い金属素材で、金属アレルギーを起こしにくいことから、インプラント治療にも用いられます。金パラジウムが合わない場合は、チタンを使って費用とアレルギーのリスクを抑えることができます。

銀歯のデメリットとしては、金属を直接使用することから、天然の歯のように自然な見た目が手に入らなくなることです。また、金パラジウムをはじめ金属にはアレルギーのリスクがあり、金属アレルギーの患者さんには適していません。

比較的アレルギーが起きにくいと言われているチタンでも、トラブルが起きる可能性はゼロではありません。患者さんの中には、安全だと思って採用したチタン素材のせいでアレルギー反応が出たというケースもあります。

セラミックのメリットとデメリット

セラミックをインプラント素材に使うメリットは、天然の歯と遜色のない自然な歯が手に入るということです。銀歯に比べて費用はかかりますが、一見治療したとは分からない自然な歯が入るため、笑ったり口を開けたりしたときにも違和感がありません。

人前に出て話をするときには、歯の白さや治療跡が気になるものですが、セラミックインプラントなら人目を気にせずに過ごすことができます。

セラミックインプラントのデメリットとしては、まず費用が高額であること。次に、陶器製のため割れや欠けのリスクがあることです。

特に奥歯のような強い力がかかる場所については、セラミックに強い力が継続的にかかることで経年劣化が進みやすく、ある日硬いものを噛み砕こうとしたタイミングで上部構造が割れてしまう可能性も。

割れてしまった歯は抜き、新しいものに交換するしか選択肢がない場合もありますので、経年劣化に注意しながら歯を使わなければなりません。

銀歯インプラントは特徴と価格を比較して歯科医に相談を

銀歯インプラントはセラミックを使ったインプラントに比べて安価で強度も高いのですが、前歯など目立つ部分には使いづらく、金属アレルギーの方には適していません。

インプラントに使われている素材はどれも一長一短であり、使用部位をよく選ぶことが大切です。たとえば銀歯なら、口を開けても目立ちにくく、力がかかっても割れにくい特性を利用して奥歯に適用すると良いでしょう。

どの部位にどの素材が適しているかは、主治医とよく話し合って決めることが大切です。「天然の歯に近い見た目がほしい」「耐久性の高い素材がいい」など、大まかな希望も伝えながら、最適な素材を選んでみてはいかがでしょうか。

インプラントナビおすすめクリニックの選び方
  • コミュニケーションがしっかりとれる歯科医を選ぼう
  • アフターケア・アフターサポートが徹底している
  • 通院回数が必然的に多くなるので通いやすいエリアで探す