安心安全 インプラントナビ 安心安全 インプラントナビ

手術を伴うインプラント治療。診療の流れや料金以外に、どのような方法で手術が行われるかも知っておきたいところではないでしょうか。

今回はこの記事で、インプラントの一般的な手術方法と術前術後の過ごし方で気を付けたいポイントについてご紹介します。

インプラントの手術方法

手術方法含め、インプラント治療は常に進化をしていますが、一般的な術式は1回法と2回法といわれています。それぞれの手術は診療や事前の検査を行い、歯周病や虫歯など口腔内の必要な治療を終えてから行われます。

1回法による手術

1回法は手術を1回だけですませる術式です。手術後にインプラント体が粘膜の上に貫通(露出)した状態で縫合するのが特徴です。粘膜の上にインプラントが露出しても問題ない場合でないと手術が難しいため、手術できるケースは限られる傾向があります。

手術方法は、まずインプラント体を埋め込む部分の粘膜を切開します。骨が露出したところでドリルで穴を開け、インプラント体を埋め込み、同時にアバットメントを取り付けます。アバットメントとは、人工の歯とインプラント体とを連結するパーツで、歯を支える土台となるものです。

1回法では、アバットメントが一体化したワンピースインプラントを使う場合もあります。手術後、骨やインプラントの周囲の粘膜が治癒した段階で、人工の歯の型取りを行い、仮歯の装着へと進みます。問題がなければ正式な人工の歯を取り付けて治療は完了となります。

1回法のメリット

1回法による手術のメリットは、手術が1回ですむ分、体への負担を減らせることといわれています。治療期間も2回法に比べ短いことが多いようです。

1回法と2回法のどちらで手術をするかは歯科医師の判断によりますが、骨の量や厚みが十分にある場合には、1回法で行われることがあります。

2回法による手術

2回法はインプラント手術を2回に分けて行う術式です。多くのインプラント治療では、2回法で行われるのが一般的です。

2回法は、1回法と同じように粘膜を切開してインプラント体を埋め込みます。埋め込んだ後、一旦縫合して手術を終えます。1回法と異なり、インプラント体は粘膜の下に完全に覆われた状態になります。

2回目の手術は、インプラント体が骨と結合する3~6ヵ月後に行います。再び粘膜を切開し、仮のアバットメントを取り付けます。仮のアバットメントを取り付けたあとは、粘膜が治癒するまで2~3週間待ってから正式なアバットメントを連結します。

2回目の手術が終わったあと、歯肉の治癒加減を見て人工の歯の型取りを行います。まずは仮歯を装着し、噛み合わせや付け心地などの調整を行い、問題がなければ正式な人工の歯を取り付けます。

2回法で手術をするメリット

2回法は、1回法に比べ多くのインプラント治療に対応できるのが特徴です。インプラント治療をするために必要な骨の厚みや量に問題があり、骨移植や骨造成が必要な場合にも対応可能です。手術を2回に分けることにより、感染のリスクやインプラントの結合不良のリスクも減る傾向にあります。

2回法は手術を2回に分けて行うため、1回法に比べると治療期間は長く、身体的な負担もかかりやすい面はあるでしょう。ですが、1回目の手術は1時間程度、2回目はより短時間で終了することが多いようです。

治療に対応できるケースが1回法に比べて多いことや、リスクを下げられることから2回法を適用する歯科医院が多いのかもしれません。

インプラント手術前後の注意点

インプラント治療は多少なりとも外科的手術を伴う以上、リスクがつきものです。少しでも安全に治療を受けるためにも、手術前後はいくつか注意したいことがあります。

インプラント手術前

インプラントの手術前は、過度の飲酒はしないようにしましょう。十分睡眠を取り、手術にのぞむことが大切です。喫煙についても、できるだけ禁煙を心がけるほうがベターです。

インプラント手術当日

静脈内鎮静法による麻酔を受ける場合は、歯科医から指定された時間までに食事をすませましょう。女性の場合は手術当日のメイクやマニキュアは控えるのがベターです。その他、手術を受けるまでに丁寧に歯磨きをすませておきましょう。

インプラント手術後

静脈内鎮静法による麻酔を受ける場合は、当日車や運転ができません。家族の送迎か、公共交通機関を使用して帰宅しましょう。麻酔が切れれば食事OKとなるのが一般的ですが、アルコールや刺激物を避け、柔らかいものを中心に摂取しましょう。

歯磨きについては、手術部位以外は通常どおりブラッシングしてかまいせん。手術した部位については歯ブラシをあてず、うがいですませるようにしましょう。ただし過度なうがいは治癒が遅れることがあるので、やりすぎも注意が必要です。

その他気を付けたいことは、喫煙や入浴、運動です。喫煙は血行不良を引き起こし、インプラントが骨と結合しにくくなったり、切開した粘膜の治癒を遅らせる可能性があります。手術後もできるだけ喫煙は控えましょう。

入浴や運動は、血行をよくする働きがあるので注意が必要です。出血のリスクが高まるためです。当日の入浴はシャワー程度ですませ、激しい運動も避けましょう。

手術後の腫れや出血

手術後は治療した部位が腫れたり出血を起こすことがあります。腫れについては数日から1週間程度でおさまるのが一般的ですが、腫れが強い場合は外側から濡れタオルをあてることで少なくなることがあります。ただし、氷などで冷やしすぎると逆効果になることがあるので注意が必要です。

腫れが出ている間は運動を控え、処方された薬を服用して安静に過ごしましょう。手術部位が出血した場合は清潔なガーゼで軽くかむと治まることがありますが、強く噛みすぎないようにしましょう。

食事を摂るときは手術部位と反対側で噛む

埋め込んだインプラント体が骨と結合するまでは、できるだけインプラント体に負担をかけないことが大切です。強い力がかかることで、インプラント体が骨と結合しないことがあるからです。

食事を摂るときは手術した部位と反対側を使って噛むようにしましょう。ただし、手術当日にインプラントへ人工の歯をつける方法で手術をするなど、一部の場合は除きます。

手術した部位は触らない

インプラント手術をした部位は、傷口が落ち着くまで舌や指で触れないように気をつけましょう。治癒の遅れや感染のリスクがあるためです。

インプラント手術後の痛みに注意

インプラントの手術後、人によっては痛みが出る場合があります。手術によってメスを入れますし、麻酔が切れたことで痛みを感じることもあります。骨造成を行ったことで痛みが起こる場合もあれば、術後抜糸の際に痛みを感じる可能性もあるでしょう。

一般的に、歯科医院では術後の痛みに備え、痛み止めを処方することが多いです。一時的な痛みの場合がほとんどなので、指示に従って薬を服用することで治まることも多いでしょう。

痛みによっては歯科医院に相談を

手術後の痛みは数日から1週間程度でおさまることが多いですが、個人差もあります。薬を飲んでも痛みが続く場合などは歯科医に相談しましょう。場合によっては埋め込んだインプラント体の角度や深さに問題があり、トラブルが起こっている可能性もあるからです。

<歯科医院に相談したほうがいい痛み>

  • 痛み止めを飲んでも痛みが引かないとき
  • 痛みがどんどんひどくなる場合
  • 5日以上痛みが継続している場合
  • 頬のあたりにズキズキとした痛みを感じるとき
  • 痛みとともに鼻づまりや鼻から膿が出てきた場合

インプラントの手術方法は主に2種類

安全な手術を受けるための歯科医院選びを

インプラントの手術方法は主に1回法と2回法とに分かれます。ですが、1回法は手術できるケースが限られることもあり、感染リスクなどの面も考慮して、2回法による治療のほうが一般的のようです。

手術をする以上、インプラント治療には少なからずリスクが伴います。手術前から当日にかけては喫煙や飲酒を避けて休養を取り、十分な歯磨きをして手術に臨みましょう。

術後は痛みや腫れなどが起こる可能性があるため、安静にすることが第一です。切開した粘膜やインプラント体の結合が落ち着くまでは、手術部位に触れるのを避けたり、食事面でも気を遣うことが大切です。

ただし、中には手術時の不具合により痛みや腫れなどのトラブルが起こることもあるので注意が必要です。まずは安心して手術を任せられる歯科医院を選ぶことからはじめてみてはいかがでしょうか。

インプラントナビおすすめクリニックの選び方
  • コミュニケーションがしっかりとれる歯科医を選ぼう
  • アフターケア・アフターサポートが徹底している
  • 通院回数が必然的に多くなるので通いやすいエリアで探す