安心安全 インプラントナビ 安心安全 インプラントナビ

インプラントは審美性と耐久性に優れた治療法であるといわれています。そのため、歯を欠損した際にインプラントを選択する方も多くなってきました。
インプラント手術を検討しており、手術の流れについて気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、インプラント手術の方法と治療期間、手術前後の注意点などを解説していきます。

インプラント手術の内容とは?

インプラント手術は、顎の骨に土台となるインプラント体を埋め込み、安静期間後にインプラント体と人工歯の間を結ぶアバットメントを取り付けます。その後、上部構造である人工歯の取り付けを行う流れになります。次に手術の内容について詳しく解説していきます。

インプラント手術の方法

インプラント手術の方法は、おおまかに1回法と2回法に分けられています。外科手術が1回で済む方法が1回法、2回行う方法が2回法になります。

1回法

インプラント手術の1回法は、外科手術で歯茎を切開し、顎の骨にインプラント体を埋め込みます。その際に、インプラント体と上部構造の連結部分であるアバットメントを歯茎から露出させておきます。アパットメント部分を露出させたままで、インプラント体が顎の骨に結合するまで安静期間を設けます。次に、1回法でのインプラント手術の詳しい内容について解説していきます。

1回法の流れ

インプラント体の埋め込み

まず麻酔後に抜歯を行い、インプラント体を埋め込む部分の顎の骨にドリルで開けます。その穴にインプラント体を埋め込んでいきます。1回法では、インプラント体とアバットメントが一体化しているワンピースタイプのインプラントを使用することが多いといわれています。

安静期間

個々の症状によって異なりますが、下顎では2~3カ月、上顎では4~6カ月程度の安静期間を設けます。安静期間中に、顎の骨とインプラント体を結合させていきます。

人工歯の装着

あらかじめ型取りしておいた上部構造の人工歯をアバットメントに装着します。1回法では、アバットメントが既に露出している状態なので、もう一度外科手術を行う必要がありません。

1回法の特徴

1回法の特徴は、外科手術が1回で済むため、身体的な負担が少ないことです。そして、1回法で使用するワンピースタイプのインプラントの場合は、インプラント体とアバットメントが分かれているツーピースタイプと異なり、ネジが緩むリスクがありません。しかし、顎の骨量が少ない場合は1回法を行うことができないため注意が必要です。また、1回法ではアパットメント部分を歯茎部分から露出させておくため、細菌感染のリスクが高いといわれています。

2回法

2回法は、2回の外科手術を行う治療法です。1回目の手術で、インプラント体を顎の骨に埋め込み、その上に歯茎を被せて縫合します。縫合した状態で、顎の骨とインプラント体が結合するまでの安静期間を設けます。顎の骨とインプラント体が結合した安静期間後に、アパットメントを装着するための二次手術を行っていきます。次に、2回法の手術内容について詳しく解説していきます。

2回法の流れ

インプラント体の埋め込み

まず麻酔後に抜歯を行い、インプラント体を埋め込む部分の顎の骨にドリルで開けます。穴にインプラント体を埋め込みます。2回法では、インプラント体とアバットメントが分かれているツーピースタイプのインプラントを使用することが多いといわれています。

安静期間

インプラントの埋め込み後は、歯肉をかぶせて縫合しインプラント体と顎の骨が結合するまでの安静期間を設けます。安静期間は、個人差がありますが通常上あごで6ヵ月、下あごで4ヵ月程度といわれています。

アバットメント・人工歯の装着

安静期間を経てインプラント体と歯槽骨の定着後は、2回目の手術を行っていきます。2回目の手術では縫合した歯肉を再び切開し、埋め込んだインプラントを露出させてから仮歯を装着します。

2回法の特徴

2回法は、身体的な負担は1回法と比べて大きいですが、顎の骨量が少ない場合でもインプラント手術が行えるケースが多いです。また、安静期間はインプラント体を歯茎で被せて縫合するため、細菌感染のリスクは比較的低いといわれています。

インプラント手術の所要時間・期間

1回法の手術の所要時間

1回法の手術時間は、1本あたり約15~20分といわれています。そのため、インプラントの手術の本数が増えるとそれにともなって所要時間も増えていきます。10本以上では、場合によっては2時間以上かかることもります。

2回法の手術の所要時間

2回法の手術時間は、1次手術の所要時間が1本あたり約10~15分で、2次手術は1本あたり約5~10分ほどです。2次手術では、アバットメントの取り付けのみを行うため1次手術よりも短い時間で済みます。

インプラントの手術の所要期間

インプラント手術の所要期間は、症状によっても異なりますがおおむね6ヵ月程度です。もし、骨造成などの追加の手術が必要である場合は、1年程度かかることもあります。

インプラント手術前の注意点

事前に内服薬を伝えておきましょう

インプラント手術の前に、いつも服用している薬がある場合は事前に歯科医師に伝えておきましょう。場合によっては、糖尿病や精神薬などは服用を控える必要もあります。。

体調を整えておきましょう

疲労や睡眠不足の状態で手術に臨んでしまうと、場合によっては手術中に体調不良になってしまう可能性もあります。そのため、手術前には、睡眠時間をしっかりと確保し栄養バランスの良い食事をとるなど体調を整えておきましょう。

禁煙をしましょう

遅くともインプラント手術の1週間前の喫煙は控えましょう。喫煙すると、骨の代謝が悪化し、顎の骨とインプラント体が結合しない原因となってしまいます。

インプラント手術後の過ごし方と注意点

インプラント手術後の運転はNG

静脈内鎮静法による麻酔を受ける場合は、当日車や運転ができません。家族の送迎か、公共交通機関を使用して帰宅しましょう。

インプラント手術後の食事

手術当日の食事

インプラント手術後は、口の中の感覚が戻り麻酔が切れた後に食事をしましょう。できるだけ噛まずに食べられるヨーグルトやスープ・おかゆなどがおすすめです。熱すぎない、ぬるめの食べ物は刺激が少ないためです。手術した部位と反対側で噛むと、手術した部位にストレスがかかりにくいといわれています。手術した側で食事をしたり、熱い食べ物を食べたりするとストレスが加わり、感染の原因となることもあるので注意が必要です。

刺激物を避けましょう

手術の翌日以降も、「辛い」「熱い」「硬い」「香辛料が強い」」などの刺激物は避けです。加工品に関しては、商品裏面の成分表示を参考にしましょう。

飲酒を避けましょう

通常、インプラント手術日から3日程度は、飲酒は避けた方がよいでしょう。インプラント手術後、特に3日程度が腫れや痛みのピークになります。飲酒により血流が良くなり、腫れや出血がしやすい状況になってしまうためです。また、傷の治りが遅延してしまったり、痛み止めや抗生物質などの効果が薄れてしまったりする可能性があります。

インプラント手術後の入浴、運動

入浴や運動は、血行をよくする働きがあるので注意が必要です。出血のリスクが高まるためです。手術当日の入浴はシャワー程度ですませ、激しい運動も避けましょう。

インプラント手術後の歯磨き

インプラント術後は、通常の歯と比べて傷口から感染しやすい状態です。そのため、過度な刺激を与えずに、適切に歯磨きを行う必要があります。

歯磨きのポイント

抜歯以降は、インプラント部分も気を付けながら歯磨きを行いましょう。ご自分の歯をブラッシングする歯ブラシを使用して頂いて構いません。大きく動かさず、細かく1本ずつをブラッシングし、歯肉との境目は磨き残しが多いため入念にブラッシングを行います。以前から電動歯ブラシを使用していた方は、そのまま使用して頂いても大丈夫です。

歯間ブラシ・デンタルフロス・タフトブラシも活用してみましょう

歯ブラシでのブラッシングでは落としきれない、歯とインプラント歯の間の汚れを歯間ブラシやデンタルフロスで清掃を追加することもオススメです。インプラント歯間やインプラント歯と歯肉の間の磨き残しの多い箇所は、毛束が1つのヘッドの小さな歯ブラシであるタフトブラシの使用も効果的です。

インプラント手術後の腫れや出血

手術後は治療した部位が腫れたり出血を起こすことがあります。腫れについては数日から1週間程度でおさまるのが一般的ですが、腫れが強い場合は外側から濡れタオルをあてることで少なくなることがあります。ただし、氷などで冷やしすぎると逆効果になることがあるので注意が必要です。

腫れが出ている間は運動を控え、処方された薬を服用して安静に過ごしましょう。手術部位が出血した場合は清潔なガーゼで軽くかむと治まることがありますが、強く噛みすぎないようにしましょう。

手術した部位は触らない

インプラント手術をした部位は、傷口が落ち着くまで舌や指で触れないように気をつけましょう。治癒の遅れや感染のリスクがあるためです。

インプラント手術後の痛みに注意

インプラントの手術後、人によっては痛みが出る場合があります。手術によってメスを入れますし、麻酔が切れたことで痛みを感じることもあります。骨造成を行ったことで痛みが起こる場合もあれば、術後抜糸の際に痛みを感じる可能性もあるでしょう。

一般的に、歯科医院では術後の痛みに備え、痛み止めを処方することが多いです。一時的な痛みの場合がほとんどなので、指示に従って薬を服用することで治まることも多いでしょう。

痛みによっては歯科医院に相談を

手術後の痛みは数日から1週間程度でおさまることが多いですが、個人差もあります。薬を飲んでも痛みが続く場合などは歯科医に相談しましょう。場合によっては埋め込んだインプラント体の角度や深さに問題があり、トラブルが起こっている可能性もあるからです。

歯科医院に相談したほうがいい痛み

  • 痛み止めを飲んでも痛みが引かないとき
  • 痛みがどんどんひどくなる場合
  • 5日以上痛みが継続している場合
  • 頬のあたりにズキズキとした痛みを感じるとき
  • 痛みとともに鼻づまりや鼻から膿が出てきた場合

インプラント手術の進め方は歯科医に相談を

今回は、インプラント手術の方法と治療期間、手術前後の注意点について解説しました。インプラント手術は大きく分けて外科手術が1回で済む1回法と、外科手術を2回行う2回法があります。両者ともにメリット・デメリットがあり、個々のケースによってインプラント手術の進め方は異なります。そのため、インプラント手術の進め方については歯科医に事前に相談をしておくと安心ですね。

インプラントナビおすすめクリニックの選び方
  • コミュニケーションがしっかりとれる歯科医を選ぼう
  • アフターケア・アフターサポートが徹底している
  • 通院回数が必然的に多くなるので通いやすいエリアで探す