安心安全 インプラントナビ 安心安全 インプラントナビ

一般的にインプラント治療は高い、というイメージがありますが、高額になりやすいのはいくつかの理由が影響するからだと考えられます。治療費は高くなりやすいですが、長期的に見ればほかの治療法よりコスパがいいともいえるのも、インプラント治療の特徴です。

今回はインプラント治療が高額になりやすい理由や、なるべく質の高いインプラント治療を受けるポイントについてご紹介します。

インプラントの治療費用が高い理由

健康保険適用外だから高い

インプラントが高いと感じる理由のひとつは、一部例外を除き、健康保険の適用対象外になるからだと考えられます。例外として保険が適用されるケースもありますが、非常にまれです。

虫歯や歯周病などの治療は保険診療に含まれるため、患者は費用を一部負担するだけでいいですが、インプラントは自由診療扱いとなり、治療費は全額自己負担になるのがほとんどです。

インプラントの費用相場は1本あたり30~50万円。治療に必要な費用は全額自己負担となるため、治療費用が増えれば増えるだけ負担も大きくなります。一般的な歯科治療が数千円から数万円の費用でおさまることが多いことと比較すると、高いと感じる人も多いでしょう。

自由診療だから料金はまちまち

インプラントの治療費は歯科医院ごとに異なり、高い・安いがまちまちなのも自由診療だからです。保険診療が定められた点数によって治療費を算定するのに対し、自由診療は歯科医が独自に料金を設定できる仕組みになっています。

料金の決め方も歯科医や歯科医院の方針によってさまざまですが、一般的に使用するインプラント材料の原価や技工代に対して、ある程度利益が出るよう設定されるようです。利益が出なければ歯科医院を続けられませんし、日々進化するインプラント業界において、最新の知識を得るための研修費用もある程度必要だからです。

インプラント材料の原価といってもピンキリで、上と下とでは3倍以上の原材料の価格差があるようです。1本あたり30~50万円と、相場の価格に開きがあるのも原材料価格が影響していると考えられます。

ただし、原材料に関しては30万円で治療できるインプラントと、50万円のものとでは、どちらが良い悪いとも一概に言い切れないようです。歯科医や歯科医院によっても、考え方は異なるからです。

その他、インプラント治療は地域によっても相場があり、都市部は地方より高めの傾向があります。歯科医は地域の相場も考慮して料金の設定を行うことも多いです。

インプラント費用の内訳

インプラントの治療費用は主に2種類の費用から成り立ちます。

技術料 精密検査料、診察料、インプラント手術費用、歯周外科処置費用、骨造成費用
材料費 埋入するインプラント体や補綴物、上部構造やアバットメント

その他、治療後はメンテナンス費用が別途必要となるのが基本です。

技術力や治療設備もインプラント費用に影響

インプラント治療費の高い・安いが生まれるのは、原材料以外にも歯科医の技術力やクリニックの治療設備、サービスなども影響するといわれています。治療の安全性や患者の満足度が高いと、治療費用も高くなることが多いからです。

インプラント治療の成功には、歯科医の技術力が高いことや、精密な検査、患者の話を丁寧に聞き慎重に治療計画を進めることが求められます。技術力を高めるには治療経験を積むことはもちろん、最新の知識を積極的に得ることも大切です。

知識を得るには研修や学会に参加するなどの手段が考えられますが、参加するにもある程度費用が必要となるでしょう。治療費用には歯科医が技術や知識を磨くための費用も含まれていると考えられます。

検査についても、より正確に状態を把握するためには、質の高い歯科用CTや画像解析ソフトを導入することも重要です。手術の安全性を高めるのであれば、設備投資の費用も必要です。シミュレーションシステムの導入や手術室の設置、徹底した滅菌管理などの設備代も治療費には含まれているはずです。

さらに、患者の話をじっくり聞くには、一人に割く時間を長くする必要があり、その分1日に診察できる人数は限られ、歯科医院としての利益は限られます。患者が納得し、満足いくインプラント治療を行うためには、ある程度高い治療費は仕方ない部分があるのかもしれません。

治療の難易度

インプラントを埋め込む場所によっても治療費は高くなることがあります。特に前歯の場合は、奥歯に比べて審美性が求められます。難易度が高まる分、治療費も高いことが多いです。

インプラントは高いことが安心に

格安インプラントは落とし穴も

歯科医院ごとに料金が異なるのであれば、インプラントの治療費用が高いクリニックより、安い料金の歯科医院を選びたくなるかもしれません。最近は1本10万円以下の治療費を謳う歯科医院もあり、宣伝だけ見ると魅力的に感じることもあるでしょう。ですが、安易に料金の安さだけで選ぶのは避けたほうが無難です。

前述したとおり、ある程度歯科医に技術力があり、治療設備が充実している歯科医院であれば、技術料、設備維持のため、料金も高くなりやすいからです。格安の場合は、安いなりの理由があるはずです。

インプラントは治療後長期にわたって使い続けるものです。安かろう悪かろうではないですが、治療をしてすぐトラブルが起こっては元も子もありません。実際、格安インプラントと呼ばれるものの中には、治療をしてすぐインプラントが脱落したなどのトラブルが起こっています。

安いからと保証もつかない歯科医院で治療を受けて、最悪、再手術が必要となれば、いくら格安でも結果的に高い金額を支払うことにもなりかねません。加えてインプラント治療の金額が相場より安すぎる場合は、次のような不安、リスクも考えられます。

  • 十分なカウンセリング、検査が行われない
  • 経営不安があるメーカーのインプラントを使用で術後のメンテナンスが受けられない
  • インプラント材料の質が低い可能性
  • 麻酔の選択肢が局所麻酔のみ
  • CT撮影がなく、レントゲン撮影のみで診断、治療計画を立てる
  • 術後の保証がない、または短い
  • 歯科医の経験が少ない、技術が未熟

格安なのに相場より高い金額になることも

格安を宣伝する歯科医院の中には、基本料金に手術費用だけしか含まれなかったり、インプラント体のみの料金を表記している場合があります。基本料金が一部費用しか含まれなければ、いくら格安でも追加費用が積み重なり、最終的に相場より高い金額を支払わないといけない、ということも考えられます。

その他、悪質な場合は、契約後治療が始まってから基本プランでは治療できないことを伝えられたり、骨造成や移植が必要なので追加費用がかかると知らされる、といわれるケースもあるようです。

インプラント費用は見積もりを確認

インプラント治療にかかる費用については、見積もりを取り患者側もしっかりと確認しておきましょう。支払いの段階で困らないよう、基本料金に含まれる項目はもちろん、追加費用の可能性まで含めて治療費の説明を受けておくほうがベターです。

料金が相場並みに高いことは信頼の目安

世の中には安くて良いものはたくさんあります。ですが、ことインプラント治療に限っては、料金が安くていい治療を受けられるとは限りません。むしろ、高額とも感じられる相場の料金であることが安心材料になることもあります。

インプラントの治療費用が相場並みということは、それなりに治療実績が多く、経験を積んだ歯科医が施術を行い、治療に必要な治療設備も整っているということの表れとも考えられるからです。どんなインプラント治療でも、トラブルが起こるリスクはゼロではないとはいえ、相場より安いインプラント治療は不安な点もあり、トラブルが起こるケースも多いのが実情です。

一方、金額は高くなっても、技術力のある歯科医の治療を受ければ術後のトラブルリスクも少なく、余分な治療費がかかる可能性も減るはずです。インプラントは本来、入れ歯やブリッジなどほかの歯科治療に比べ、機能性や耐久性、審美性に富んだ治療方法です。

とはいえ、手術をしてインプラントという人工物を体の中に埋め込み、長期間にわたって自分の歯と同じように使用するものなので、耐久性や機能性、審美性も求められます。
多少治療費が高いと感じても、トラブルなく治療を終え、快適に使い続けることができれば、結果的に安い治療になることもあるでしょう。

インプラントは、自分の歯と同じように長期にわたって使うものです。多少高い金額を支払っても、安全性の高いメーカー、製品を使用し、保証やメンテナンスをしてもらうことは、快適な生活を送るための自分の未来への投資ともいえるでしょう。目先のことだけでなく、長い目で見て質の高い治療を受けることが大切です。

質の高いインプラント治療を受けるために

じっくり相談できるか

インプラント治療を受ける際の歯科医院選びでは、歯科医とじっくり治療について話し合う時間があるかどうかが、ひとつのポイントとして考えられます。患者一人ひとりに時間をかけてじっくり診察を行っている歯科医院なら、質の高いインプラント治療が受けられるはずです。

治療前に患者と歯科医とがしっかり話し合い、意思疎通を図ることは、トラブル防止にも有効と考えられます。カウンセリングや診察を受けた際は、次のようなポイントもチェックしてみましょう。

  • 十分な時間を確保してカウンセリングが受けられるか
  • レントゲンだけでなく歯科用CTによる精密検査が受けられるか
  • 治療内容や計画の説明を分かるまで丁寧に説明してもらえるか
  • インプラント治療以外の治療法について、選択肢を与えてもらえるか

治療を急がせない歯科医院を選ぶ

安心して信頼できる歯科医院を選ぶのであれば、治療を急がせるような歯科医院は避けたほうが無難です。インプラントはガンや感染症などと違い、スピーディな治療が必要になるケースは少ないといわれています。ゆっくり治療を検討しても症状の進行に影響が少ない分、インプラント治療をするか、それとも別の治療方法を選べる場合が多いです。

治療を急ぐ必要がないのであれば、通常の歯科医院であれば、多少時間をかけてでも患者自身がインプラントのメリット、デメリットを飲み込み、消化するのを待ってくれるはずです。
急ぐ必要もないのに、治療を急かすような歯科医院は、後々トラブルが生まれるかもしれないので避けたほうがいいかもしれません。

もし自分では判断がつかないという場合は、セカンドオピニオンやサードオピニオンも視野に入れ、本当に歯科医の言うことが正しいか意見を聞いてみるのもひとつです。

インプラント費用、支払いが高いと感じたら

加入している保険で負担軽減

インプラント治療はほとんど健康保険の適用範囲外ですが、個人で加入する保険によっては治療費に充てられる可能性があります。治療を検討している段階であれば、先に保険に加入してから治療をスタートするのもひとつの手段となるでしょう。

どの保険が対象になるか、加入条件など詳しくは、保険会社や歯科医に相談してみてください。

支払い方法でカバー

いくら長期にわたる投資とはいえ、インプラント治療の費用がそれなりに高いことには変わりありません。数十万円を一度に支払いをするのは難しく、治療を諦めるか考えている場合は、支払い方法を工夫するというのもひとつです。

歯科医院によるものの、中には治療費の支払いを分割にできたり、クレジットカード払いやデンタルローンが利用できることがあるからです。デンタルローンとは歯科医院での治療に特化したローンです。

分割やカード払い、デンタルローンは、それぞれ支払いのたびに手数料や利息が発生しますが、一度に高額を支払わなくてすみますし、毎月の払える範囲で支払いができるのが利点といえます。治療費の支払いのタイミングは、手術前後、当日、上部構造設置時など歯科医院ごとに異なるため、事前に相談しておくことをおすすめします。

医療費控除の活用

インプラントはメンテナンスも含め、医療費控除の対象になる場合があります。医療費控除は、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合などに、所得税が減額されるという制度です。申請は確定申告の時期に行います。

場合によっては、申請することで還付金が戻ってくるため、結果的に支払った分の負担を減らすことにもつながるでしょう。

インプラント治療が高いのは全額自己負担のため

高いから安心に。慎重な歯科医院選びで質の高い治療を

インプラントの治療費用が高いといわれるのは、ほとんどが健康保険の適用外で、治療費が全額自己負担になるからだと考えられます。

自由診療で歯科医院ごとに料金も異なるため、どうせなら安い料金のほうが治療を受けやすいと感じる人もいるかもしれません。ですが、安易に判断するのは避けたほうが無難です。

インプラントは自分の歯と同じように毎日使うものです。入れ歯やブリッジなどと比べて使いやすく、高いと感じる金額も長期的に見れば未来への投資と考えることもできるはずです。

ただし、長く快適に使うためには、質の高いインプラント治療を受けることが重要です。カウンセリングで実際に歯科医と話をして、安心して治療を任せられるかどうか、慎重な判断が必要です。

ときにはセカンドオピニオンも視野に、納得し信頼できる歯科医院での治療を受けましょう。

インプラントナビおすすめクリニックの選び方
  • コミュニケーションがしっかりとれる歯科医を選ぼう
  • アフターケア・アフターサポートが徹底している
  • 通院回数が必然的に多くなるので通いやすいエリアで探す