安心安全 インプラントナビ 安心安全 インプラントナビ

インプラント治療にかかる金額は、歯科医院ごとにさまざま。1本数万円という表示から数十万円まで幅があり、一体何が正しいのかと悩まれたことはないでしょうか。
今回は、インプラント治療の金額がどのような内訳になっているかとともに、クリニックごとに料金に差が出る理由や相場の費用についてご紹介します。

インプラント治療金額の内訳

金額構成は技術料と材料費

インプラント治療の金額は主に技術料と材料費から成り立つといわれています。
技術料とは、手術費用や検査・診療代です。
材料費は手術で埋め込むインプラント体や、その上にかぶせる上部構造、アバットメントなど費用と考えるといいでしょう。

インプラント治療では、歯科医の技術力が手術の成功を左右することもあるといわれ、材料費より技術料のほうが占める割合も多い傾向にあります。歯科医師の実力によっても技術料は変動しやすいです。

その他、歯科医院によっては仮歯代や骨造成などの金額が別途追加になることもあります。

インプラント治療金額に差が出る理由

自由診療が金額を左右

虫歯や歯周病治療と違い、インプラント治療は基本的に健康保険の適用対象外です。一部を除き、自由診療として扱われるのがほとんどです。

自由診療は、歯科医院がそれぞれ独自に料金を設定できる診療内容です。
インプラント治療において、同じ治療をする場合でも歯科医院の方針や歯科医の考え方などによって金額が違うことがあるのは、自由診療だからです。

インプラント治療が自由診療になるのは、一般的に差し迫って命に危険が及ぶことは少ないことや、ブリッジや入れ歯など、インプラント以外にも治療の選択肢もあることが影響しているようです。

インプラントの金額相場は30~50万円

インプラント治療は自由診療ゆえ、歯科医院ごとに料金設定は異なるものの、一般的な金額の相場は1本あたり30~50万円といわれています。

ただし、奥歯に比べ前歯の治療は難易度が高いため、相場より治療金額が高くなることもあります。
治療する場所以外にも、患者の歯や骨の状態、使用するインプラント材料などで治療にかかる金額は変動します。
人によっては相場より高額の治療費が必要になることもあるでしょう。

歯科医院ごとにインプラントの金額は変動

インプラント治療の金額が安い歯科医院と高い歯科医院とでは、いくつかのポイントで違いが出ることが多いです。
金額を左右しやすいポイントについて見ていきましょう。

歯科医の技術力

インプラント治療では歯科医の技術力が重要な役割を持ちます。
ほかの歯科治療に比べ難易度が高い分、知識や技術もレベルの高さが求められるからです。

一概にすべて当てはまるわけではありませんが、自分の腕に自信がある歯科医は、それなりの金額設定にしていることが多いといわれています。
一方、歯科医の技術が未熟な場合や、経験が少ない場合は相場より金額を安くしているケースもあるようです。

治療を受ける際は、信頼できる医師かどうかを判断する材料として、これまでの治療実績や症例、評判や口コミをチェックしましょう。場合によってはセカンドオピニオンを利用するのも方法のひとつです。

スキルアップにも積極的か

治療を受ける歯科医について調べる際は、学会に積極的に出席しているか、資格を取得しているかなど、
知識やスキルを高める努力をしているかどうかもチェックしましょう。
教育制度が整っている歯科医院とそうでない場合とでは、トラブル発生率にも差が生まれやすいといわれているからです。

質の高いインプラント治療を行っている歯科医院では、歯科医だけでなくスタッフも研修会に参加したり、専門の資格取得を目指しているケースが多いです。

ただし、スキルアップに積極的な歯科医院の場合、治療にかかる金額に技術向上を目指すにあたって必要な費用が含まれることもあります。

インプラント製品の品質

治療にかかる金額は、歯科医院が使用するインプラントのメーカーや製品の品質で左右されることもあります。
製品の質や、メーカーの実績などにより、耐久性や審美性に違いがあるのはもちろん、製品単価もさまざまだからです。

インプラントメーカーは世界中に存在し、世界的にシェアされているノーベルバイオケア社やストローマン社のような一流メーカーもあれば、実績の少ないコピーメーカーもあります。

安価なメーカーの製品を使用しているクリニックなら、治療費全体も安いかもしれません。ですが、インプラントは体の中に入れ、長期間使用するものです。品質や実績が一定レベルにない製品を使用することは、治療後にインプラントの脱落や感染などのトラブルが起こる不安もあるのが実情です。

料金設定が安い歯科医院のすべてが質の悪いインプラントを使用しているとは限りませんが、安心できる製品で治療はしてもらいたいもの。
快適に使い続けるためにも、どのようなインプラントを使っているかは知っておくほうがいいでしょう。

歯科医院の治療設備

歯科医院の設備も、インプラント治療の金額に影響することがあります。
設備が充実しているクリニックや、最新設備を導入している歯科医院の場合は、治療金額にも反映することが多いからです。

それぞれのクリニックによって、手術室もしくはインプラント治療専用の個室があるか、歯科用CTや手術のシミュレーションソフトを導入しているかなどは異なります。
インプラント治療に力を入れている歯科医院の中には、生体モニターや無影灯の導入、徹底した滅菌・衛生管理を行っていることもあります。
静脈内鎮静法を併用できる場合は、専門の麻酔科医が常駐していて手術中の全身管理もしてもらえるところもあります。

料金の高い・安いで設備に差があるとは限らないものの、設備が整っているほうが安全性は高まる可能性があります。
治療の申込みをする前に、歯科医院の設備や器具など治療環境もチェックしてみてください。

インプラント治療後の保証

安い金額でインプラント治療が受けられる歯科医院では、治療後の保証が不十分な場合もあるので注意が必要です。

インプラントは治療をして終わりではなく、完了後もメンテナンスをしながら様子を見ていく必要があります。
長期間使える可能性が高い歯科治療といわれるインプラントでも、治療後にトラブルが起こるリスクもゼロではないからです。メンテナンス不足や、偶発的な事故によって損傷や脱落が起こる可能性はあるでしょう。

治療後のトラブルに備え、歯科医院の多くは保証期間を設けていますが、設定されている期間はまちまちです。
最近は10年間の保証がついているケースが多いようですが、中には3年程度の場合もあります。
保証内容も、歯科医院ごとに規定が異なります。保証期間内に再治療をする場合、治療費が無料の場合もあれば、費用負担が必要になることもあります。

治療を申し込む前に、治療後はどの程度の期間保証してもらえるかを確認しておきましょう。

治療後のメンテナンス代もチェック

インプラントは、治療が終わったあとも定期的なメンテナンスが必要です。
メンテナンスの金額や通院サイクルについても、あらかじめ確認しておきましょう。
治療金額が安い歯科医院の中にはインプラント治療代を安くするかわりに、メンテナンス代を高めに設定することでバランスをとっている可能性もあるからです。

一般的なメンテナンスサイクルは年2回程度、金額は1回あたり3,000~10,000円ほどといわれています。
しかし、中には年6回の通院が義務付けられていたり、1回あたり数万円のメンテナンス代がかかる場合もあるようです。

インプラント治療金額は安いほうがいい?

安すぎる金額には注意

最近は1本10万円以下のインプラント治療を謳う歯科医院もあります。
インプラント治療は入れ歯やブリッジなどと比べ、治療にかかる金額が高額になりやすいため、格安の治療費を提示しているところがあれば、魅力的に感じる人も多いかもしれません。

ですが、安易に格安の金額を提示している歯科医院を選ぶことは避けましょう。
治療時にはそれなりに美しく仕上がっても、5年後、10年後に不具合が出てくるケースもあるからです。
中には再手術が必要になり、結果的に通常より高くついたというケースもあります。

インプラント治療は、どこで治療を受けても安全というわけではないのが実情です。
治療の成功には歯科医の技術力や、クリニックの治療環境が重要です。

もしかしたら高度な治療を安い金額で提供している歯科医院もあるかもしれませんが、一般的には実績があり、高度な治療を行える歯科医院は、それなりの金額設定にしていることが多いです。
相場と比べ、あまりに治療費が安い歯科医院の場合は、申し込む前に治療内容や保証期間など以外に歯科医の実績、クリニックの設備について十分確認するほうがベターです。

一部の金額のみ表記で格安に見える場合も

歯科医院によって金額の表記は異なります。
パッと見たときは格安に思えた金額も、実はインプラント体のみの金額や、インプラント体と手術の費用だけを表記しているケースもあります。

治療費の一部だけを表記してある場合は、術前の検査や診察料、上部構造や仮歯の費用などを別途支払う必要があります。その他、静脈内鎮静法を用いる場合は別途費用が掛かる場合もあります。
骨造成など特殊な治療が必要な場合は、トータルで見るとかえって相場より高くなる可能性もあるので注意しましょう。

なるべく正確な金額を把握するには、カウンセリングを受け見積もりを出してもらうほうがいい場合もあります。

金額だけにとらわれず総合的に判断を

インプラントを快適に使い続けるためには、あまり金額にばかりとらわれず、安心して治療を受けられそうかという部分に重点を置いて判断するほうがいいかもしれません。
信頼できる歯科医院を見つけるには、いくつかのクリニックを比較したり、実際にカウンセリングを受けにいくという手段があります。

実際にカウンセリングを受けてみて、十分な時間をかけて相談に乗ってもらえるか、丁寧な診察や検査、具体的な治療の説明をしてもらえるかも確認しましょう。
カウンセリングの時間が短い場合や、説明があいまいなまま治療の決断を急かされるように感じたときは申し込みを避けたほうが無難です。

インプラント治療で負担金額を減らす方法

インプラント治療において、金額の負担を減らすために治療費自体を下げるのはリスクがあります。
ですが、工夫次第では負担軽減につなげることが可能です。

医療費控除の利用

インプラント治療は医療費控除の対象になることがあります。
確定申告することで、インプラント治療で支払った金額のうち、いくらかが還付されるかもしれません。
申告するまでの間、一時的に費用は支払うことになりますが、還付されれば治療にかかった費用が多少戻ってくるので、トータルで見ると負担軽減につながるでしょう。
ただし、審美目的や矯正などインプラント治療の目的によっては医療費控除が使えないこともあるので注意が必要です。
不明な点や申告の方法など詳細は、最寄りの税務署や自治体に問い合せましょう。

1回あたりの支払い金額を減らす

治療を受けたくてもまとまった現金を用意するのが難しい、という場合はローンやクレジットカード払いを利用する方法があります。
利息はかかりますが、1回あたりの支払金額を減らすのには効果的と考えられます。
クリニックによっては、歯科医院に特化した分割払いシステムのデンタルローンを用意していることもあります。
支払いのタイミングについては、術前術後、上部構造設置後など歯科医院によって異なります。
いつ治療費を支払う必要があるかを把握した上で、支払い方法について歯科医院に相談しましょう。

インプラント治療金額は技術力や設備の影響あり

金額よりも安心できる歯科医院選びを

インプラント治療にかかる金額は、主に技術料と材料費とで構成されています。
歯科医院によってインプラント治療の金額に差が出るのは、歯科医の技術力や使用する製品が異なることや、クリニックの治療設備に差があることが影響していると考えられます。

高額な治療費がかかりやすいインプラント治療において、金額の高い・安いは注目しやすいポイントといえます。
ですが、安心して治療を受けるためには、金額だけで歯科医院を選ぶのは危険な場合もあります。
金額が安いから十分な治療が受けられない、高いからハイレベルな治療が受けられるとは限りませんが、一定以上の技術力や治療経験、治療設備は必要だからです。

納得した治療を受けるためにも、信頼できる医院を探すことが大切です。
安心できる歯科医院を見つけるためにも、いくつかの歯科医院を比較・検討し、どのような治療体制が整っているか細かくチェックしましょう。

インプラントナビおすすめクリニックの選び方
  • コミュニケーションがしっかりとれる歯科医を選ぼう
  • アフターケア・アフターサポートが徹底している
  • 通院回数が必然的に多くなるので通いやすいエリアで探す