インプラント広場 | 安心安全!信頼できるインプラント歯科クリニック探し インプラント広場 | 安心安全!信頼できるインプラント歯科クリニック探し

自然な歯に近い使い心地が得られるインプラントも、治療後の定期メインテナンスが重要。どんな名医による治療を受けても、しっかり口腔ケアを続けないとトラブルの元になるからです。「メインテナンス」とは、私たちが一般的に使うメンテナンスの歯科用語です。意味はどちらも同じ定期検診のことを指します。
今回は、インプラント治療後の定期メインテナンスを怠ると起こりやすいトラブルや、歯科医院や自宅におけるアフターケアの方法などについてご紹介します。

こちらも読まれています

インプラント治療後の定期メインテナンスが重要な理由

メンテナンスを怠るとインプラントの歯周病・インプラント周囲炎に

インプラント治療後は、口腔トラブルを防止するためにも定期メインテナンスが重要です。定期メインテナンスを怠ると起こりやすいトラブルのひとつが、インプラント周囲炎です。
インプラント周囲炎とは、インプラントの周囲の骨や歯茎が炎症を起こす、歯周病に似たトラブルのこと。インプラント周囲炎の主な原因は、インプラント治療をした歯の周囲に残った食べカスやブラッシング不足から起こることが多いです。食べかすやブラッシング不足によってプラークと呼ばれる細菌のかたまりが発生しやすく、炎症も起こりやすくなるといわれています。
インプラント周囲炎の厄介なところは、症状に気づきにくいこと。インプラントは人口の歯なので、自然な歯と違い神経が通っていません。炎症が起こり、症状が進行しても自覚症状が出にくく、気づいたときには治療が難しいケースも多いのだとか。インプラント周囲炎を予防する、もしくは炎症が起こっても初期の状況で対応するためにも、定期メインテナンスが必要です。

インプラント周囲炎がインプラントにもたらす影響

インプラントはチタン製の人工歯根なので、虫歯になることはありません。ですが、その分自然の歯に比べ、細菌の影響を受けやすいです。定期メインテナンスを怠り、インプラント周囲炎が起こると、インプラントを支える土台となるアゴの骨が痩せる原因に。アゴの骨が痩せると、インプラントのぐらつき、割れ、欠け、折れるなどの欠損も引き起こしやすくなります。
最悪はインプラントが脱落し、使用自体に関わるトラブルに発展するリスクも。脱落とはいかずとも、症状の進行度合いによっては一度インプラントを抜かないといけないケースもあります。
骨以外に歯茎についても腫れ、出血、膿が出るといった症状を引き起こす場合があります。

メンテナンス不足は噛み合わせ不良にも発展しやすい

インプラント治療後のアフターケアやメインテナンス不足は、噛み合わせ不良も引き起こしやすいです。噛み合わせ不良は、放置するとインプラントに過剰な負担がかかり、欠損や脱落を起こす原因になります。

インプラントの噛み合わせ不良は病気の原因にも

歯の噛み合わせは一定ではなく、日々生活する中で少しずつ動いたり変化するものです。噛み合わせ不良は、顎関節症や頭痛など病気を誘発する原因になるケースもあるので注意しましょう。体のバランスを整えるためにも、インプラント治療後はアフターケアや噛み合わせの定期的なチェック、メンテナンスが重要です。

インプラント治療後にできる定期メインテナンスの手段

歯科医院でインプラントの定期検診・クリーニングを

インプラント周囲炎を防止し、インプラントの機能を保つには、口腔内を清潔に保つことが第一。インプラントの手術や治療完了後は、歯科医院で定期的に検診やクリーニングを受け、メンテナンスを継続しましょう。
口腔ケアが特に難しいのは、インプラントと上にかぶせた人工の歯との接合部分。自分のブラッシングだけでは、しっかり汚れを取り切れないことが多いです。歯科医院での定期検診やクリーニングは、日々の口腔ケアで落としきれない汚れをフォローしてもらうためにも必要です。

<歯科医院での主な定期検診・クリーニング>
内容 目的
目視によるチェック 歯や歯茎、粘膜、歯周ポケットの状態や歯磨きのチェック。
レントゲン撮影 目視で確認できない内部のチェック。
噛み合わせの確認・調整 噛み合わせのバランスが崩れている場合はインプラントを削るなどして調整する。
インプラント接合部分のクリーニング クラウンの取り外しが可能なインプラントの場合は、クラウンを外して接合部分のプラークを取り除く。
口内全体のクリーニング 口腔内全体を対象に、歯磨きで取り切れないプラークを取り除く。

インプラント維持には自宅でのメンテナンスも大切

歯科医院での定期メインテナンスは、多くても年に数回程度。インプラントを快適に使い続けるには、歯科医院での定期メインテナンスと、自分で行う毎日のメンテナンスを組み合わせることが大切です。
自分でするメンテナンスといっても、難しいことはありません。日々のこまめな歯磨きや、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使った口腔ケアを続けることで十分です。
歯間ブラシやデンタルフロスは、歯ブラシで落としきれない食べかすや歯垢の除去にも効果的。口内環境を守るのに役立ちます。
日々の自己ケアで落としきれない汚れについては、歯科医院での定期検診やブラッシング指導などでカバーしてもらいつつ、インプラントを維持していきましょう。

こちらも読まれています

インプラントの定期メインテナンスを受ける目安

メンテナンスの周期は3ヵ月~半年に1回が一般的

口内全体のチェックやプラークを取り除くクリーニングなど、インプラントの定期メインテナンスは、大体3ヵ月~半年に1回というのが一般的です。1年以上メンテナンスをしていないときは、早急に定期検診・クリーニングを受けることをおすすめします。
ただし、定期メインテナンスの周期に関しては、歯科医師の方針によってさまざま。クラウンを取り外してのクリーニングの場合は、3ヵ月に1回ペースから数年に1回など歯科医院によって幅があります。
どのタイミングで定期メインテナンスを受ければいいかは、治療を受ける歯科医師の指導に従いましょう。

違和感を感じたら歯科医院へすぐ相談を

基本的に定期メインテナンスの周期は歯科医師の指示に従うのがベストですが、口腔内に違和感を感じたときはすぐに医師へ相談しましょう。噛み合わせが気になる、汚れが気になるなど小さなことでもOK。長く使い続けるためにも、歯科医師と連携をとり、しっかりアフターケアをすることが大切です。

歯科クリニックでの定期メインテナンスの費用相場

インプラントのメンテナンス相場は3,000~10,000円

歯科クリニックでのインプラントの定期メインテナンス費用は、3,000~10,000円が一般的な相場といわれています。
ただし、インプラント治療と同じくメンテナンスについてもほとんどが健康保険の適用外で、自由診療となります。相場はあるものの、歯科医院によって料金は異なるでしょう。

定期メインテナンス費用は医療費控除申請ができることも

インプラントの定期メインテナンス費用は基本的に健康保険の適用範囲外ですが、医療費控除の対象となることはあります。
医療費控除とは、1年間に医療機関へ支払った金額や交通費が一定額を超えた場合に、税額控除が受けられる制度です。
申請の際には明細書や領収書が必要です。申請できる可能性があるかもしれないので、病院からもらう領収書などは捨てずに保管しておきましょう

インプラント治療代と合わせて事前にメンテナンス費用も確認を

歯科医院によって定期メインテナンス代が異なるため、インプラント治療を受けるときは事前にメンテナンス費用についてもよく聞いておくことをおすすめします。医院によっては、クリーニングが1回数万円、レントゲン撮影に2,000~7,000円と高額な費用がかかることもあるからです。あらかじめメンテナンス費用を聞いておけば、実際に定期メインテナンスを受ける際の心づもりもできるはずです。

インプラントの保証期間についても確認を

インプラント治療を始めるときは、保証期間についても確認しておきましょう。多くの歯科医院では、インプラント治療後の欠け、割れ、脱落などのトラブルに対して保証をつけています。保証期間内にトラブルが起こった場合は、修復や再手術をしてもらえるという保証です。
歯科医院によっては、保証期間内のトラブルに対しては無償で対応してもらえることもあります。
注意したいのは、補償内容や適用条件が歯科医院ごとに異なることです。保証がついていても、定期メインテナンスを受けていないと適用されないということもあるので気をつけましょう。

こちらも読まれています

定期的なメインテナンスでインプラントを長く使おう

インプラント周囲炎の治療・予防は歯科医師に相談を

インプラントの機能を健全に保つには、定期メインテナンスが必須。治療が無事に完了しても、メンテナンスを怠ればインプラントや土台となる骨にインプラント周囲炎のようなトラブルが起こるかもしれません。
万が一炎症が起こっても、初期段階で歯科医師の検診やクリーニングを受ければ症状を抑えられる可能性が高いです。長く快適にインプラントを使い続けるためにも、歯科医師とも連携し、丁寧な口腔ケアを行いましょう。

人気おすすめクリニック