インプラント広場 | 安心安全!信頼できるインプラント歯科クリニック探し インプラント広場 | 安心安全!信頼できるインプラント歯科クリニック探し

「インプラントのリカバリー」とは、インプラントの再治療、埋入したインプラントになにか不具合が発生したときに正常な状態にしてもらうことです。まだ、あまり一般的な言葉ではないかもしれませんが、インプラント治療が普及してきた現在、重要度が高まりつつある分野ですが、インプラントの再治療・アフターケアであること特有の問題点もあります。

基本的には治療をした歯科クリニックでリカバリーをおこなうのですが、そのクリニックに通院できないときにどうすればよいのか。そして、ほかのクリニックに相談したときに、インプラントメーカーごとにシステムの違いがあり対応できないことがあるということです。これらの問題点を踏まえて、今回は「インプラントのリカバリー(再治療)」について解説していきます。

インプラントのリカバリー(再治療)が必要になるのはどんな時?

インプラントのリカバリー(再治療)は、前述のとおりインプラントの不具合で再治療をすることですが、広い意味では定期的に通院をしてメンテナンスをすることも含まれます。インプラント治療後のメンテナンスは非常に重要で、適切におこなわれていれば、再治療を防げる可能性が大きくなるからです。
では、リカバリーが必要になるのはどのようなときなのでしょうか。

引っ越しのため、以前通っていた歯科クリニックに通えない

基本的にインプラントのリカバリーは、治療をした歯科クリニックでおこないます。治療時のさまざまなデータがありますから、適切な治療を受けられるからです。
しかし、転勤などの仕事の関係や家族の事情などで、引っ越しをすることもあるでしょう。引越し先が遠方であり、治療したクリニックに通院できない場合には、転院をする必要が出てきます。

引っ越しで通えなくなった場合は、必ず通院していたクリニックへ相談を

そのような場合には、必ず通院していたクリニックに相談をしてください。いままでの治療データなどを紹介状とともに渡してくれます。また、インプラントメーカーなどを通じて転院するクリニックを探してくれることもあるようです。

インプラント治療を受けた歯科クリニックが廃業した

歯科クリニックが廃業してしまうことも考えられます。通常は、「いつくらいに閉院します」との案内があると思いますが、なかにはドクターが亡くなってしまうなど急に閉院するケースも考えられます。

そのような場合には、患者さん自身で転院先を探すことになってしまいます。
現在は、まずインターネットで、クリニックの公式サイトにアクセスしたり、当サイトのようなインプラント情報サイトで探すのが一般的ですが、どのクリニックを選ぶべきか判断できないという方向けに、インプラント関連の学会である「日本口腔インプラント学会」が相談窓口を設けています。
相談は有料とされていますが、気になる方は「口腔インプラント治療相談窓口」にアクセスしてみてください。

インプラント治療後の痛みや違和感

インプラント治療を実施した後に、痛みや違和感が出ることがあります。その場合には必ず診察に行ってください。

少しの調整で済む場合がほとんどだと思いますが、なかにはインプラント周囲炎などの感染症、埋入手術の不具合などリカバリーが必要な場合もあります。
なるべく早く受診をすれば症状が軽度で済む可能性があります。

インプラントの審美性の問題

インプラントの審美性も、リカバリーの対象となります。審美性とは、見た目の美しさのこと。例えば上部構造(人工歯の部分)が汚れてきた場合には、人工歯の材質にもよりますが、クリーニングを実施すればもとの色調に戻ります。
少し困る症状としては、アバットメント(インプラント体と人工歯をつないでいる部品)が経年変化で見えてきてしまうことです。これは、加齢や骨の吸収により歯肉が退縮しているため、歯肉を移植するなどのリカバリーが必要です。

こちらも読まれています

インプラントのリカバリーはインプラント周囲炎への対応とセット

前述したように、インプラントのリカバリーにはメンテンナンスも含まれます。特に重要なのはインプラント周囲炎への対応です。
インプラントの不具合、脱落してしまう原因として一番多い原因はインプラント周囲炎ですから、その予防をする定期的なメンテナンスは極めて重要です。
上記のように治療をおこなった歯科クリニックに通院できなくなっても、必ずほかのクリニックでメンテナンスを受けるようにしましょう。

こちらも読まれています

インプラントのリカバリー(再治療)で重要な「メーカー・システムの違い」

インプラントメーカーの市場シェア

インプラント治療をおこなった歯科クリニックに、何らかの原因で通院できなくなった場合、リカバリーで一番困るのが、「メーカー・システムの違い」となります。
患者さんにとっては、「インプラント」というものはひとつのものですが、実際には全世界では200社以上のインプラントメーカーがあり、国内でも50社程度のインプラントフィクスチャーが流通しているといわれています。そして、これらのメーカーはそれぞれシステムが異なり、他メーカーとの互換性はほとんどありません。
したがって、その患者さんが入れているインプラントメーカーを扱っている歯科クリニックでないとリカバリーができない状況になっているのです。

市場シェア上位メーカーのインプラントなら、比較的リカバリーしてもらいやすい

ただし、インプラントメーカーにもよく使用されているもの、市場シェアが高いメーカーがあります。
国内でシェア上位を占めるのがストローマン社、ノーベルバイオケア社、アトランティック社、ジンマー社となっています。これらのメーカーは4大メーカーともいわれ世界的なシェアも高いです。
通常、歯科クリニックでは、複数のメーカーを使用していますから、特に1位、2位を占めるストローマン社とノーベルバイオケア社のインプラントであれば、正確ではありませんが、半分以上の歯科クリニックで取り扱いがあると思います。つまり、多くの歯科クリニックでリカバリーを受けられる可能性が高くなるということになります。

こちらも読まれています

インプラントの保証の問題

インプラントのリカバリーをする場合、自費診療になりますから治療費用は高額になります。そこで問題になるのが保証の問題です。

治療を受けた歯科クリニックでしたら、保証があることも多いのですが、リカバリーのため違う歯科クリニックで治療をした場合はどうでしょうか。
これは、歯科クリニック自体の保証は当然受けられませんが、メーカー保証という制度で受けられる場合があります。特に上記のようなシェアが大きなメーカーでは、5年あるいは10年の保証を受けられる場合があります。しかし、保証の対象となるのはあくまでもフィクスチャーに対してであり、詳細は受診する歯科クリニックで相談してください。

また、一部の歯科クリニックでは、歯科治療に対して国内の保証会社を利用している場合もあります。
その場合は同じ保証会社を介して転院することによって、治療保証を継続できるシステムもあります。

こちらも読まれています

インプラントリカバリー(再治療)での歯科の選び方

まずは治療をおこなったクリニックに相談

インプラント治療後に不具合があった場合には、まず治療をおこなったクリニックに相談することが基本です。これは、前述したように、インプラント治療をするにあたってさまざまな治療データを保有しているからです。
手術の前には歯科用CTスキャンを撮影、3Dデータにしてシミレーションもおこなっていると思います。また、手術後の経過などもカルテに残っていますから、リカバリーをする上で非常に有効な資料になるのです。
これも繰り返しになりますが、ほかの歯科クリニックでリカバリーをおこなう場合でも、これらのデータは紹介状とともに持参することをおすすめします。

リカバリーする歯科クリニックの条件とは?

さまざまな事情でインプラント治療をおこなった歯科クリニックで、リカバリーを受けられない(受けない)場合はどのように転院先を選べばよいのでしょうか。

重要なことはインプラントリカバリーの実績が豊富かどうかです。
インプラントのリカバリーには、ある種、初回のインプラント治療よりも高度なインプラント治療への理解度・技術が求められます。
そのため、インプラント治療はおこなっていても、他院で治療した患者さんのリカバリーに消極的なクリニックは決して少なくありません。

クリニックの公式ホームページはもちろん、インターネット検索などで充分に調べ、他院で失敗してしまった処置をうまくリカバリーしてくれるクリニックかどうかを判断してください。
選び方としては、「インプラント治療に力を入れているクリニックか」「インプラントのリカバリー治療にも実績のあるクリニックかどうか」が目安となるでしょう。

インプラントのリカバリー(再治療)は信頼できる歯科クリニックへ相談を

初回のインプラント治療のときに慎重な選択を

メンテナンスを除いてインプラントの不具合によるリカバリーは、できれば避けたいものです。そのためには、初回のインプラント治療での歯科クリニック選びが大切です。インプラント治療の実績があり、万が一のトラブルにはどのように対処してくれるか、メンテナンスや治療保証の問題などを充分に確認しておきましょう。

インプラントに詳しい歯科クリニックで相談を

残念ながら治療をおこなった歯科クリニック以外で、インプラントのリカバリーが必要になってしまった場合には前述のようにインプラントのリカバリーに実績があり、治療に詳しいクリニックを選択してください。また、自分が入れているインプラントメーカーを扱っているかどうかも重要です。
リカバリー治療は躊躇をしていると、インプラント周囲炎など進行していくことも考えられますので、異常を感じたらなるべく早く相談に行くことが重要です。まず、相談をしてみて、不明な点は遠慮をしないで質問し、信頼ができる歯科クリニックであることを確認してみましょう。

人気おすすめクリニック