安心安全 インプラントナビ 安心安全 インプラントナビ

インプラントのセラミック歯は、金属やプラスチックなどの他の材料を使用する場合と比べて、審美性に優れているといわれています。そのため、歯を欠損した際のインプラント治療において、セラミック歯を使用する方も多くなってきました。今回は、インプラントのセラミック歯について解説します。

インプラントとセラミックの違い

インプラント治療では、上部構造の材料としてセラミックが選択されることがあります。セラミックは、陶器と同じ素材でできており、透明感のある白い色であることが特徴です。

また、金属とは異なり、錆びやアレルギーが起こりにくいといわれています。更に、セラミックは細菌が付着しにくいため、インプラント周囲炎などの口腔内のトラブルも起こりにくいです。

セラミックはインプラントに使われる素材

セラミックは、インプラント治療に使われる素材の一つです。インプラント治療では、セラミックの他にも金属やプラスチックなどの素材が使用されることもあります。そして一概にセラミックといっても、セラミックの種類は様々なものがあり、各種類によってメリットやデメリットが異なります。

オールセラミック

オールセラミックは、インプラント全体がすべてセラミックできたものです。

オールセラミックのメリットとして、変色がしにくいことがあげられます。また、天然の歯に近い艶や自分の色調を再現することができるといわれています。そして、オールセラミックの場合は、金属アレルギーの心配がありません。

デメリットとしては、すべてセラミックで作られているため、他の素材に比べて経年劣化にともない、割れてしまう可能性が高いこととがあげられます。また、セラミックは高価な素材であるため、すべてセラミックを使用するオールセラミックの治療費は比較的高くなってしまうことが多いです。

ジルコニア

ジルコニアは、人工歯の表面部分にセラミックを焼き付けた人工ダイヤモンドの一種です。

メリットは、変色することがほとんどないこと、艶があり、自分の歯のような色調が再現できることがあげられます。そして、内面がジルコニアで作られているので、割れる可能性が低く、金属アレルギーの方も使用できます。

デメリットとしては、オールセラミックと同様に、治療費が比較的高いことがあげられます。

ハイブリッドセラミックス

ハイブリッドセラミックスは、セラミックとプラスチックを混合させたものです。ハイブリッドセラミックスのメリットは、変色しにくいことと、自分の歯のような色調が再現できることです。オールセラミックスと同様に、金属アレルギーの心配もありません。

また、ハイブリッドセラミックスはオールセラミックより柔らかさがあることが特徴です。デメリットとしては、経年劣化にともない、艶がなくなってきてしまう可能性があることや、割れる可能性もゼロではないことがあげられます。ハイブリッドセラミックスは、セラミックの素材を使用した人工歯の中では、比較的リーズナブルな価格であることが多いです。

メタルボンド

メタルボンドは、歯の表面部分にセラミックを焼き付けた金属の人工歯です。メタルボンドのメリットは、変色する可能性が低く、天然の歯に近い色を再現できることです。また、金属を使用しているため、オールセラミックに比べて強度も保たれています。

デメリットは、金属を使用しているため、金属アレルギーの方は使用できないことです。そして、場合によっては歯茎に変色が見られ、割れてしまうリスクもあります。

インプラント治療におけるセラミックの特徴・メリット

セラミックの特徴

セラミックは、天然の歯に近い艶や色調を再現でき、審美性が高いことが大きな特徴です。

セラミックのメリット

高い審美性

セラミックは、天然の歯に近い白さや艶を実現できるといわれています。そのため、特に前歯など普段見えやすい部分の印象を変えたいときにはセラミックを選択する方が多いです。

金属アレルギーの心配がない

セラミックは、陶器の素材でできているため、金属アレルギーの心配がありません。

経年劣化しにくい

セラミックは、プラスチックや他の素材に比べて、食べ物や飲み物による着色などの経年劣化が少ないといわれています。経年劣化は少ない場合は、長年審美性を保って使用できることになります。

歯茎が変色しにくい

セラミックは歯肉との相性が良いため、変色する心配がほとんどありません。その他の金属の素材を使用したインプラントでは、場合によっては歯茎が変色してしまうこともあります。

セラミックの値段

インプラント治療においてセラミックを使用すると、金属やプラスチックの素材に比べて値段が比較的高くなってしまいます。インプラント治療は、自費診療のため歯科医院によって値段設定が異なります。

セラミックを使用したインプラント治療をお考えの方は、事前に歯科医院に確認しておくことが大切です。何の種類のセラミックを選ぶかによっても、値段が異なります。

セラミックの種類と値段の相場

種類 値段
オールセラミック 8~18万円/本
ジルコニア 9~20万円/本
ハイブリッドセラミックス 4~12万円/本
メタルボンド 5~15万円/本

治療箇所や本数により料金は異なる

インプラント治療においてセラミックを使用した際に、前歯を治療するのか奥歯を治療するのかなど、治療箇所によって料金が異なる場合があります。

歯科医院によっては、複数の歯をセラミックで治療すると、4本セットや6本セットなどのセット料金が用意されていることがあります。また、本数が増えるごとに割引価格が設定されていることもあります。セット料金や割引料金については、歯科医院によって料金設定が異なるため、事前に確認が必要です。

セラミックの種類によって料金が異なる

セラミックの種類は数多くあります。そのため、治療にかかる料金も、素材によって異なる場合があるので、ご自分の予算にあったものを選ぶことが大切です。

インプラントにセラミックを使用するデメリット

インプラント治療において、審美性の高いセラミックですが、少なからずデメリットもあります。

強度が比較的低い

セラミックは、陶器の素材でできているため、強度が低いというデメリットがあります。そのため、オールセラミックのインプラントを奥歯に使用することは不向きです。前歯に比べて、奥歯は強く噛みしめて力を出したり、日々の食事で硬いものを噛み砕いたりする役割があります。

その他にも、歯ぎしりの癖がある方は、マウスピースで保護することがおすすめされています。比較的強度の低いセラミックですが、天然の歯よりは硬い素材になります。そのため、長年セラミックを使用し続けた場合、歯並びなどの個人差もありますが他の歯に負担がかかることもあるため注意が必要です。

セラミックによるインプラント治療は歯科医に相談を

歯を欠損した際のインプラント治療において、審美性の高いセラミックの素材を使用しようとお考えの方も多いのではないでしょうか。セラミックは、種類によってメリット・デメリットも異なります。

また、歯科医院によって取り扱っているセラミックの種類や料金設定が異なることがあります。インプラント治療でセラミックの使用をお考えの方は事前に歯科医に相談をしておくと安心ですね。

インプラントナビおすすめクリニックの選び方
  • コミュニケーションがしっかりとれる歯科医を選ぼう
  • アフターケア・アフターサポートが徹底している
  • 通院回数が必然的に多くなるので通いやすいエリアで探す